メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

論理モデルへの動作の適用

動作を使用すると、メジャー グループと他のグループ間の優先関係または拒否関係を設定できます。動作を使用して、Insight Advisor で値の選択を強制することもできます。

分析で常に一緒に使用するか、分析で一緒に使用しないでください。また、グループの項目が Insight Advisor によって使用されているときに、常に選択された状態で含まれるようにする項目値がある場合もあります。動作を使用すると、これらの設定をグループごとに設定できます。論理モデル動作は動作で作成および管理されます。

論理モデルでは次の動作を使用できます。

  • 必要な選択
  • 関係を優先
  • 関係を拒否
  • 既定のカレンダー期間

をクリックして [編集] または [削除] を選択すると、動作を編集または削除できます。

必要な選択

必要な選択動作により、グループの項目を使用するときに含める必要がある項目値を指定できます。動作には、複数の必要な選択を含めることができます。

例えば、人口などの項目があるとします。Insight Advisor で推奨事項を生成するときに、人口を使用するチャートを取得し、すべての年のデータの合計をチャートに含める場合があります。必要な選択動作を使用して、人口またはの洞察を生成するときに、代わりに現在の年を使用するように洞察の結果を制限できます。

関係の優先

関係行動を優先することは、洞察を生成するときに、より頻繁に一緒に使用する必要があるグループを選択するように Insight Advisor を導きます。優先関係を指定すると、Insight Advisor は結果の生成時に優先グループを使用します。優先関係は、あいまいさがある場合に役立ちます。

優先関係は、グループが他のグループで使用されるのを妨げません。分析ですべてのグループの選択肢が等しい場合にのみ、優先グループを選択します。他のグループがより適切な分析では、代わりに非優先グループを使用できます。

例えば、4 つのグループがあります。

  • 売上
  • 顧客
  • 製品
  • 営業 担当者

売上顧客と優先関係があります。売上を使用した内訳分析の場合、顧客は他のグループよりも優先的に選択されます。売上のトレンド分析では、代わりに製品が分析に使用される場合があります。

関係の拒否

関係の動作を拒否すると、洞察を生成するときに、Insight Advisor が選択したグループを一緒に使用できなくなります。これは、同じパッケージ内の一部のグループが分析で一緒に使用するのに役立たない場合に役立ちます。拒否関係を使用して、アプリのパフォーマンスに影響を与える可能性があるグループが一緒に使用されるのをブロックすることもできます。スター スキーマ データ モデルでは、分析を複雑にする 1 対多および多対 1 の関係を持つグループが存在する場合があります。拒否関係は、これらのグループ間の関連付けを防ぐことができます。

拒否関係を持つグループからの洞察をユーザーが明示的に要求すると、拒否関係は無効になります。たとえば、売上高サプライヤは拒否関係を持ちます。誰かがクエリー 'show me sales' を実行した場合、売上高サプライヤを含む分析は生成されません。誰かがクエリ 'show me sales by supplier' を実行した場合、売上高サプライヤを含む結果が生成されます。

既定のカレンダー期間

既定のカレンダー期間の動作では、選択したグループのビジュアライゼーションで既定の期間として使用されるカレンダー期間が割り当てられます。既定のカレンダー期間は、Insight Advisor がそのグループの項目のビジュアライゼーションを作成するたびに適用されます。グループには単一の既定のカレンダー期間を設定できます。 既定のカレンダー期間の動作は、日付項目に設定された既定値の期間の粒度を無効にします。

カレンダー期間は通常、次の方法で分析に適用されます。

  • ファクト分析とランク分析では、カレンダー期間から現在または最初に選択された期間が使用されます。カレンダー期間から選択された前または 2 番目の期間が、比較のために分析に追加されます。

  • トレンド分析と同様の分析では、カレンダー期間の集計された粒度のみが使用されます。

  • 他の分析では、カレンダー期間から現在または最初に選択された期間が使用されます。

例えば、クライアント満足度データを含むグループクライアント満足度があるとします。既定では、アプリのユーザーの多くは、今月のデータの表示にのみ関心があります。今月のカレンダー期間を作成し、それを既定のカレンダー期間にすることにより、クライアント満足度Insight Advisor ビジュアライゼーションには、現在の月のデータのみが表示されます。

選択した分析タイプの既定のカレンダー期間を無視する

既定のカレンダー期間の一部またはすべてを無視するように分析タイプを構成できます。これは、既定のカレンダー期間の適用方法をより具体的に制御するのに役立ちます。例えば、ファクト分析で比較を行わずに、現在の期間のみを表示したい場合があります。

分析タイプを選択して、期間 1 (前または 2 番目に選択された期間)、期間 2 (現在または最初に選択された期間)、またはカレンダー期間の粒度を無視できます。期間 1 を無視すると、2 つの期間を比較する分析で前の期間の使用を停止するので、期間 2 のみが表示されます。期間 2 または粒度を無視すると、その分析タイプの既定で、このカレンダー期間の使用が停止します。さまざまな分析に関する詳細は、 Insight Advisor 分析タイプ を確認してください。

動作の作成

  1. 動作を作成をクリックします。
  2. [適用先] でグループを選択します。
  3. 動作の種類を選択します
  4. 以下のいずれかを行います。
    • 優先関係または拒否関係を構成する場合は、その関係を適用するグループを選択します。
    • 必要な選択を構成する場合は、これが 1 つの値かどうかを選択します。必要から、項目とその必要な値を選択します。

      さらに追加をクリックすると、必要な選択をさらに追加できます。

    • 既定のカレンダー期間を設定する場合は、カレンダー グループとそのグループからカレンダー期間を選択します。オプションで、[期間 1 を無視する]、[期間 2 を無視する]、[粒度を無視する] の下にある既定のカレンダー期間から、例外にする必要がある分析タイプを指定します。

  5. [作成] をクリックします。