メイン コンテンツをスキップする

コンテナを使用した選択に基づいた異なるチャートの表示

このページ上

コンテナを使用した選択に基づいた異なるチャートの表示

この例では、コンテナを使用して、ユーザーの選択に基づいて異なるチャートのコンテンツを表示する方法を示します。

  • 単一の製品グループを選択すると、製品サブ グループのチャートが表示されます。
  • 複数の製品グループを選択すると、製品グループのチャートが表示されます。

データ セット

この例では、Qlik Sense チュートリアル - アプリの構築 から 2 つのデータ ファイルを使用します。ファイルをダウンロードするには、チュートリアル - アプリの構築 に移動してください。チュートリアルをダウンロードして解凍し、Tutorials source フォルダーにあるファイルを探します。

  • Sales.xls
  • Item master.xls

新しいアプリを作成し、2 つのデータ ファイルを追加してください。Item Number で関連付けられていることを確認してください。

ロードされるデータセットには販売データが含まれます。Item master テーブルには、製品グループなど、注文されたアイテムに関する情報が格納されます。

メジャー

マスター アイテムに 2 つのメジャーを作成する必要があります:

  • 売上高: 名称 Sales、数式 Sum(Sales)
  • 売上利益率 (%): 名称 Margin %、数式 Avg(Margin/Sales)*100

ビジュアライゼーション

製品グループの選択に基づいて、2 つの異なるマスター ビジュアライゼーションが必要です。そのうちの 1 つは製品グループを軸とし、もう 1 つは製品サブ グループを軸とします。

製品グループ ビジュアライゼーション

これは、複数の製品グループが選択された場合に表示するビジュアライゼーションです。

コンボ チャートをシートに追加し、次のデータのプロパティを設定します:

  • :Product Group (製品グループ)。
  • メジャー: Sales (自身が作成したマスター メジャー)。

次のチャートが作成されます。棒は各製品グループの売上高を示しています。この段階では棒グラフです。

Combo chart with bars

しかし、売上高とは異なるスケールである、売上利益も表示したいと考えています。売上高は百万単位で、利益率は 0 から 100 の間のパーセンテージです。売上高の横に利益率の棒を入れると、小さすぎて見分けがつきません。

プロパティ ペインで、[Measures > Height of line] に移動してください。ドロップダウンを使用して、Margin % をメジャーとして追加します。

Combo chart with bars and a line

製品サブ グループ ビジュアライゼーション

これは、単一の製品グループが選択された場合に表示するビジュアライゼーションです。

製品グループ ビジュアライゼーションのコピーを作成し、軸を Product Sub Group に変更してください。

マスター ビジュアライゼーション

コンテナで使用するには、2 つのマスター ビジュアライゼーションを作成する必要があります。

  • 製品グループ ビジュアライゼーションを Product Group - sales and margin という名前のマスター ビジュアライゼーションとして追加してください。
  • 製品サブ グループ ビジュアライゼーションを Product Sub Group - sales and margin という名前のマスター ビジュアライゼーションとして追加してください。

これで、以前に作成した 2 つのビジュアライゼーションを削除できます。これらはマスター ビジュアライゼーションとして保存されています。

コンテナ

コンテナをシートに追加する必要があります。コンテナに 2 つのビジュアライゼーションを追加してください。

  • Product Group - sales and margin

    [Show condition] を [=GetPossibleCount([Product Group])>1] に設定してください。

  • Product Sub Group - sales and margin

    [Show condition] を [=GetPossibleCount([Product Group])=1] に設定してください。

[Appearance>Container>Tabs] の下のコンテナの選択タブを非表示にすることもできます。

どのように動作するかを示すために、Product Group を含むフィルター パネルを追加できます。

探索

Product Group で選択できるようになりました。単一の製品グループを選択すると、チャートはその製品グループの製品サブ グループのデータを表示します。それ以外の場合は、チャートは製品グループのデータを表示します。