メイン コンテンツをスキップする

Timestamp#

このページ上

Timestamp#

- スクリプトおよびチャート関数

Timestamp#() は、書式文字列が提供されている場合を除き、データ ロード スクリプトまたはオペレーティング システムのタイムスタンプ書式設定で、数式を日付と時刻の値として評価します。

Syntax:  

timestamp#(text[, format])

Return data type: dual

Arguments:  

引数
引数 説明
text

評価対象のテキスト文字列。

format

評価されるテキスト文字列の形式を説明する文字列。省略されている場合は、オペレーティング システムで設定された短い日付書式、時間書式、および小数点記号が使用されます。ISO 8601 は、タイムスタンプでサポートされています。

数値や日付書式の変換

Example:  

次の例では、日付形式 M/D/YYYY を使用しています。日付形式は、データ ロード スクリプトの先頭にある SET DateFormat ステートメントで指定されます。

この例のスクリプトをアプリに追加し、実行します。

Load *,

Timestamp(Timestamp#(String)) as TS;

LOAD * INLINE [

文字列

2015-09-15T12:13:14

1952-10-16T13:14:00+0200

1109-03-01T14:15

];

 

String および TS を軸として使用し、テーブルを作成する場合、結果は次のようになります。

結果
文字列 TS
2015-09-15T12:13:14 9/15/2015 12:13:14 PM
1952-10-16T13:14:00+0200 10/16/1952 11:14:00 AM
1109-03-01T14:15 3/1/1109 2:15:00 PM