メイン コンテンツをスキップする

coalesce- スクリプトおよびチャート関数

合体関数は、有効な non-NULL 表現を持つ最初のパラメータを返します。任意の数のパラメータを使用できます。

Syntax:  

coalesce(expr1[ , expr2 , expr3 , ...])

Arguments:  

引数
引数 説明
expr1 有効な NULL 以外の表現を確認する最初の数式。
expr2 有効な NULL 以外表現を確認する 2 番目の数式。
expr3 有効な NULL 以外表現を確認する 3 番目の数式。