メイン コンテンツをスキップする

作成

最初のアプリの作成

アプリは Qlik Sense の中核を成すものです。アプリはデータとともにロードされます。ユーザーはアプリ内のビジュアライゼーションを使ってデータを探索できます。 このトピックでは、サンプル データを使用した基本的なアプリの構築方法について説明します。

データの管理

さまざまなデータ ソースからデータを追加、変換する方法を学習します。

アプリとビジュアライゼーションの作成

ビジュアライゼーションを作成、構成し、データを最高の方法で提示する方法を学習します。

スクリプト構文およびチャート関数

Qlik Sense のコマンドライン構文およびスクリプト構文は、Backus-Naur Formalism (バッカスナウル形式)、または BNF コードと呼ばれる記数法で説明されます。 数式は、ビジュアライゼーションで確認可能な結果を生成するために、アプリでデータを処理する際に使用します。 Qlik Sense で使用できる演算子には、単項演算子と二項演算子の 2 種類があります。

スクリプト構文ビジュアライゼーションの数式演算子