メイン コンテンツをスキップする

Insight Advisor での自然言語の使用

関連する学習

Insight Advisor での自然言語の使用

Insight Advisor は、Show me Product Inventory for Japan under 2500 などの自然言語検索をサポートしています。

自然言語クエリは、3 種類のフィルターに対応しています。

  • 時間: 時間または日付の単位。例: Show me 2019 Sales
  • カテゴリ: 軸の 1 つからの値。例: Show me Sales by Product for Sweden
  • メジャー: メジャーからの値。例: Show me Sales for Sweden by Product under 1K。

ファクト、比較、およびランキングを検索できます。ファクトは、「What are my sales」または「Show expenses over time for 2019」などのステートメントです。比較が必要な場合は、クエリに「vs」または「compare 」追加します。例: Compare sales to expenses over time。クエリにトップを追加することで、ランキングを求めることができます。例: Show me top 10 product by sales for 2020

注:

Qlik Sense では英語の自然言語クエリに対応しています。

Qlik Sense の展開に SaaS editions of Qlik Sense テナントへのアクセスが含まれている場合、管理者はフランス語、ロシア語、スペイン語の追加サポートを有効にできます。サポートされている言語に設定されていないブラウザでは、既定で英語が使用されます。クエリに使用する言語は、[言語] ボタンから新しい言語を選択することで変更できます。詳細については、[Windows 上の Qlik Sense Enterprise での多言語自然言語クエリの有効化] を参照してください。

自然言語検索では、データ モデルで項目名と値を参照する必要があります。マスター アイテムでタグを使用して、マスター アイテムにシノニムのタグを付けることもできます。シノニムのタグで alt:<term> の書式を使用します。都市をシノニムとして使用する場合は、マスター アイテム alt:cities にタグを付けます。詳細については、「マスター アイテムのタグ付け」を参照してください。

自然言語クエリの詳細については、「Qlik Sense Natural Language Query 機能」を参照してください。