メイン コンテンツをスキップする

カレンダー期間を使用した分析期間の定義

このページ上

カレンダー期間を使用した分析期間の定義

カレンダーグループのカレンダー期間を定義して、Insight Advisor がビジュアライゼーションを作成するときに使用する時間枠を制御します。

カレンダー期間は、論理モデルの分析で使用する Insight Advisor の対象期間を定義します。例えば、すべての時間の総売上高を示す KPI は、当月の総売上高を示す KPI よりも有用性が低い場合があります。今月のカレンダー期間を作成し、それを総売上高で使用する既定期間として設定できます。論理モデルのカレンダー期間は、 [カレンダー期間] で作成および管理されます。

カレンダー期間は、単一の期間または相対的な期間の比較を定義します。例えば、次のカレンダー期間を作成できます。

  • 今月の値のみを表示する

  • 今月と先月を比較する

  • 現在の四半期と昨年の現在の四半期を比較する

Insight Advisor は、チャートを作成するときにカレンダー期間を使用します。Insights でチャートを編集するときに、カレンダー期間を選択して適用できます。Insight Advisor がそのグループの項目とマスター アイテムのチャートを作成するときに、グループで使用される既定のカレンダー期間を設定できます。既定のカレンダー期間は、動作で設定されます。詳細については、「既定のカレンダー期間」を参照してください。

カレンダー期間の作成

項目とグループで定義されたカレンダー グループからカレンダー期間を作成します。データ ロード スクリプトで autoCalendar 関数を使用する項目の有無にかかわらず、カレンダー期間を作成できます。

注:

autoCalendar と同じ宣言済み項目を使用する場合は、カスタム カレンダーで [自動カレンダーを使用] オプションを使用できます。

自動カレンダーを使用したカレンダー期間の作成

自動カレンダーを使用してカレンダー期間を作成するときに、分析する粒度を選択します。粒度は、例えば、年の月または年の四半期です。次に、最新の値を使用するか、比較を作成するかを選択できます。

  1. [カレンダー期間を作成] をクリックします。
  2. カレンダー グループを選択してから、[自動カレンダーを使用] を選択します。
  3. カレンダー期間の名前を入力します。
  4. カレンダー期間の粒度を選択します。
  5. 以下のいずれかを行います。
    • 期間粒度項目の最新の値を使用するには、[最後にソートされた値を使用] を選択します。
    • 比較カレンダー期間を作成するには、次のいずれかを実行します。
      • [比較] で、比較する期間を選択します。Insight Advisor が現在の期間ではなく最後の完了期間を使用する必要がある場合は、、[最後の完了期間] を選択します。
      • [カスタム] で、[オフセット] で分析する期間を選択し、[オフセットの比較] で比較する期間を選択します。

        [オフセット] と[オフセットの比較] は数値を使用し、0 が現在の期間です。

        例えば、年の四半期を期間の粒度として使用した場合、0 は現在の期間になり、3 は 3 四半期前になります。

  6. [作成] をクリックします。

カスタム カレンダーを使用したカレンダー期間の作成

ロード スクリプトで autoCalendar を使用せずに、カレンダー期間を作成できます。例えば、カスタム カレンダーがある場合や、autoCalendar に存在しないカスタム カレンダー フラグを使用したい場合があります。

カスタム カレンダーを使用してカレンダー期間を作成するには、カレンダー グループを選択し、集計する時間項目を選択します。次に、最新の値を使用するか、比較を作成するかを選択します。2 つの比較方法がサポートされています。

  • 相対: 前の相対期間数を含む項目を使用する相対比較。相対期間項目には、集計項目の各値の現在の日付からの相対期間を定義する数値が含まれている必要があります。次に、分析用のオフセットと比較オフセットを選択できます。

    例えば、今月と先月を比較するには、集計項目として [日付] を選択します。次に、相対期間項目として MonthsAgo を選択します。MonthsAgo は数式を使用して、Date の各値が現在の月から何か月前かを評価します。現在の月が 7 月の場合、7 月の値は 0、6 月の値は 1、5 月の値は 2 というようになります。次に、オフセットに 0 を選択し、比較オフセットに 1 を選択できます。

  • フラグ: フラグの比較では、2 つの個別のフラグ付き期間を定義する 2 つの項目を使用します。

    例えば、第 1 四半期と第 2 四半期は、フラグの比較に使用される 2 つの期間である可能性があります。比較項目には、フラグが立てられた期間にある集計項目値を示すバイナリ値が含まれている必要があります。

    第 1 四半期と第 2 四半期を比較するには、集計項目として [Date] を選択します。フラグ項目として、 [InQuarter1] と [InQuarter2] を選択できます。これらの項目は、数式を使用して、値が第 1 四半期または第 2 四半期にあるかどうかを評価します。

  1. [カレンダー期間を作成] をクリックします。
  2. カレンダー グループを選択し、[自動カレンダーを使用] チェック ボックスをオフにします。
  3. カレンダー期間の名前を入力します。
  4. 使用する集計日項目を選択します。
  5. 以下のいずれかを行います。
    • 期間粒度項目の最新の値を使用するには、[最後にソートされた値を使用] を選択します。
    • 比較カレンダー期間を作成するには、次のいずれかを実行します。
      • [相対] で、[相対期間前] には、[集計日] で選択した項目の相対期間データを含むロード スクリプトで定義された項目を選択します。分析の期間を [オフセット] で設定し、次に比較の期間を [オフセットの比較] で設定します。

        [オフセット] と[オフセットの比較] は数値を使用し、0 が現在の期間です。

      • [フラグ] で、現在の期間のフラグを含む項目を選択してから、比較期間のフラグを含む項目を選択します。

  6. [作成] をクリックします。

制限事項

ビジネス ロジックのカレンダー期間には、次の制限があります。

  • 既定のカレンダー期間は、数式に特定の期間が含まれる時間ベースのマスター メジャーには適用されません。