メイン コンテンツをスキップする

階層の定義

このページ上

階層の定義

次に、論理モデルに階層を追加します。[階層] はオプションのビジネス ロジック機能です。グループ間のドリルダウン関係を定義します。

ビジネス ロジックを有効にすると、一部の階層がデータ モデルから Qlik Sense によって自動的に作成される場合があります。[階層] に移動すると、ビジネス ロジックが 2 つの階層を作成していることがわかります。

論理モデルの階層

Default hierarchies in the logical model. There is one for Categories and Products and one for Supplies and Products

階層は、分析で相互に分類するために使用できるグループを示します。例えば、Qlik Sense によって作成された 2 つの階層は、論理モデル内の 2 つのドリルダウン関係を正しく識別します。

  • [Category] 項目のデータは、[Products] 項目のデータに分類できます。

  • [Suppliers] 項目のデータは、[Products] 項目のデータに分類できます。

[Insights] に移動して [CategoryName] を選択すると、Insight Advisor には [CategoryName] を [ProductName] で分類したツリーマップが含まれます。

カテゴリと製品の内訳 Insights チャート

Insight Advisor results. A breakdown chart for CategoryName and ProductName is selected.
ヒント: 階層では、生成されたチャートでドリルダウン選択を有効にしません。これには、軸マスター アイテムのドリルダウンが必要です。例えば、国を選択した後に都市から都市にドリルダウンするマップ チャートが必要な場合は、対応するドリルダウン軸マスター アイテムを作成する必要があります。

なぜ階層を定義するのですか?

階層を使用すると、論理モデル内のグループ間のドリルダウン関係を定義できます。これは、Insight Advisor がツリーマップなどのデータを分類する分析を作成するのに役立ちます。階層は、優先グループがドリルダウン分析に一緒に使用されることも保証します。

データ モデルでは、国のデータと都市のデータの間に地理的な階層があります。[Insights] に移動して、項目 [Country] のチャートを生成すると、生成された結果のいずれも項目 [City] を使用しません。これは、論理モデルに新しい階層を追加することで解決できます。

[SalesCountry] と [SalesCity] の階層を定義します。

次の手順を実行します。

  1. [階層を作成] をクリックします。

  2. [名前] に「Country-City」と入力します。

  3. [利用可能なグループ] から [SalesCountry] を選択し、[>] をクリックします。

  4. [利用可能なグループ] から [SalesCity] を選択し、[>] をクリックします。

  5. [作成] をクリックします。

結果

[Insights] に移動します。アセット パネルから、[Country] を選択します。これで、「[Country] と [City] ごとの合計 (Sales)」を示すツリー マップなど、[City-Country] 階層を反映した結果が得られました。

[Country] の新しい Insight Advisor 件の結果

Insight Advisor results for selecting Country. There is a breakdown chart selected for Sum of Sales by Country and City