メイン コンテンツをスキップする

パッケージの構成

次のステップはパッケージから始めて、論理モデルの他の要素の操作を開始することです。

パッケージは、分析で一緒に使用する必要があるグループのコレクションです。これにより、関連する項目のみが Insight Advisor によって一緒に使用されるようになります。グループは複数のパッケージに属することができます。パッケージは論理モデルのオプション部分です。

なぜパッケージを作成するのですか?

パッケージは、分析で一緒に使用する必要があるグループの範囲を定義します。例えば、論理モデルには組織のさまざまなエリアをカバーするグループが含まれている場合があります。これらを混合することは、Insight チャートにとって常に望ましいとは限りません。

例えば、チュートリアル アプリには、サポート コールの処理に関連するデータがありますが、売上やサプライヤーのデータには関連していません。[Insights] に移動し、[Assets] パネルから [AverageCallSatisfaction] を選択すると、サポート コール データが売上データ項目と混合された結果が得られます。

パッケージを使用することにより、分析のために売上データとサプライヤ データを一緒に保持し、分析のためにサポート コール データを一緒に保持して、Insight Advisor がデータを一緒に使用しようとするのを防ぐことができます。

パッケージの作成

売上関連グループとサポート関連グループのパッケージを作成します。どちらにも、関連する Employees グループと Offices グループが含まれます。

Support パッケージの作成

  1. [パッケージ] に移動します。

  2. [パッケージを作成] をクリックします。

  3. [パッケージ名] に「Support」と入力します。

  4. 次のグループをパッケージに追加します。

    • SupportCalls

    • SupportDate

    • Employees

    • Offices

  5. [作成] をクリックします。

Salesパッケージの作成

  1. [パッケージ] セクションに移動します。

  2. [パッケージを作成] をクリックします。

  3. [パッケージ名] に「Sales」と入力します。

  4. 次のグループをパッケージに追加します。

    • Categories

    • SalesCity

    • SalesCountry

    • Employees

    • Offices

    • Order date

    • Products

    • Sales

    • Suppliers

  5. [作成] をクリックします。

結果

[Insights] に戻ります。[アセット] で、[AverageCallSatisfaction] を選択します。現在、生成された Insights チャートはいずれも、[Support] パッケージの一部ではないグループの項目を使用していません。