メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense February 2021 の新機能

拡張分析

ビジネス ロジック

既定の分析期間: ユーザーが Insight Advisor を使用するときに、「月」、「四半期」、「年」などの用語を使用する自然言語の質問に対して、既定の分析期間を指定できるようにします。

論理モデルへの動作の適用

カレンダー期間を使用した分析期間の定義

ビジネス ロジック を使用した Insight Advisor の論理モデルの構築

ビジネス ロジック チュートリアル

ビジネス ロジックを使用して Insight Advisor の検索ベースの分析を改善する方法を示す新しいチュートリアルがあります。論理モデルをカスタマイズし、語彙を追加することで、検索ベースの分析のエクスペリエンスを向上させることができます。

チュートリアル – Insight Advisor がデータを解釈する方法のカスタマイズ

K 平均法クラスタリングの正規化

データの正規化をユーザーが選択および制御できるようにする K 平均法クラスタリング機能の拡張機能。

ランキングとクラスタリング機能

KMeans2D - チャート機能

Insight Advisor Chat

ユーザーは、リモート サービスとして Qlik Cloud Services で実行されている多言語の自然言語機能を利用できるようになりました。

自然言語検索の使用

ビジュアライゼーション

  • グリッド チャート: 2 つの軸の測定値を視覚化する非常に効果的な手段を提供する新しいタイプのビジュアライゼーション。

    グリッド チャート

  • 非表示のシート: アプリの作成者は、条件に基づいてシートを表示または非表示にできるようになりました。エクスペリエンスを調整することで、同じアプリでさまざまなユーザー グループをターゲットにできるようになりました。

    シートを使用したアプリの構成

  • 数式のマスター メジャー: ユーザーが数式内のマスター メジャーを参照できるようにし、生産性とガバナンスを向上させます。

    数式でのマスター メジャーの使用

接続性

  • Amazon Athena 用の新しい ODBC コネクタ。

    Athena (英語のみ)

Qlik Engine

  • スクリプト内のマージ コマンド: データ モデル全体をリロードすることなく、変更されたデータを Qlik アプリケーションにロードできる Qlik スクリプトの新しい「マージ」コマンド。

    • 注: これはエンジン機能のみであり、商用利用の場合は、「部分的なリロード」を API 経由ではなくスケジュールされたリロードで公開できるようにするための追加機能が必要になります。

ドキュメントの改善と追加

データ セキュリティと Section Access の改善

Section Access を使用してデータ セキュリティを管理するためのドキュメントが刷新され、データ削減を使用してセキュリティのレベルを強調する新しい組織構造が追加されました。Section Access の概念の明確な説明と、より多くの認証スクリプトの例が追加されました。

Section Access によるデータ セキュリティの管理