メイン コンテンツをスキップする

クラウド ハブでの洞察アドバイザーの参照元機械学習

洞察アドバイザーは、アプリを分析し、チャートの作成に項目がどのように使用されているかを確認できます。Qlik Precedents Service は、洞察アドバイザーがアプリで開かれるたびに、アプリを分析します。このサービスは、アプリ内のデータ項目とマスター アイテムの使用状況を調査します。これにより洞察アドバイザーは、アプリのデータ モデルの集計、軸およびメジャーを作成するための参照元を学習します。

アプリの分析では、項目に含まれるデータは調査されず、データ テーブルと項目名、およびこれらの使用方法のみが調査されます。学習された参照元は、参照元が学習されたアプリにのみ適用されます。

共有スペース内のアプリの場合、アプリから学習された参照元はユーザー間で共有されます。ユーザーから学習した参照元は共有されず、アプリにアクセスできる各クラウド ハブ ユーザーに対し一意です。

洞察アドバイザーがアプリから参照元を学習することを望まない場合は、洞察アドバイザーをそのアプリで無効にすることができます。共有アプリの場合、1 人のユーザーが洞察アドバイザーを無効にすると、すべてのアプリ ユーザーに対して無効になります。詳しくは「アプリにおける洞察アドバイザー の無効化」を参照してください。