メイン コンテンツをスキップする

2 つのメジャーを散布図と相関させて外れ値を見つける

このページ上

2 つのメジャーを散布図と相関させて外れ値を見つける

この例では、散布図を作成して 2 つのメジャーを相関させる方法を示します。平均売上高が営業担当者グループの平均マージンの値とどのように相関するかを比較しながら、外れ値を見つけます。

データ セット

この例では、Qlik Sense チュートリアル - アプリの構築 で利用可能な 2 つのデータ ファイルを使用します。チュートリアルをダウンロードして展開してください。ファイルが Tutorials source フォルダーで使用できるようになります。

  • Sales.xls
  • Sales rep.csv

ファイルをダウンロードするには、チュートリアル - アプリの構築 に移動します。

2 つのデータ ファイルを空のアプリに追加します。これらが Sales Rep ID - Sales Rep Number に関連付けられていることを確認してください。

ロードされるデータセットには販売データが含まれます。Sales rep テーブルには、営業担当者に関する情報が含まれています。

メジャー

マスター アイテムに作成する 2 つのメジャーが必要です。

  • 数式 Avg(Sales) を使用する AverageSales。これは、すべての注文の売上高の平均値です。
  • 数式 Avg(Margin/Sales) を使用する AverageMargin。これは、すべての注文の売上利益の平均値です。

ビジュアライゼーション

散布図をシートに追加し、次のデータのプロパティを設定します。

  • 軸 > バブル:Sales Rep Name (営業担当者)
  • メジャー > X 軸: AverageSales
  • メジャー > Y 軸: AverageMargin

散布図が作成され、営業担当者ごとにバブルが表示されます。

しかし、3 番目のメジャー Avg(Sales) を追加することにより、各営業担当者の総売上に関する情報も必要になります。各バブルのサイズは、各営業担当者の総売上を反映しています。

探索

散布図は、各営業担当者の平均売上高対平均マージンを視覚化し、どの営業担当者が卓越した成果を挙げているかを確認できます。営業担当者にマウスのポイントを合わせると、詳細を表示できます。

棒グラフで Lee Chin の平均売上高が最も多いことがわかります。Stewart Wind の総売上量が最も多く、Judy Thurman がその後に続きます。Cheryle Sincock の平均マージンは、他の営業担当者より大幅に少なくなっていますが、平均売上量では大部分の担当者を上回っています。