メイン コンテンツをスキップする

Pie chart properties

このページ上

Pie chart properties

ビジュアライゼーションのプロパティ パネルは、 Editツールバーで [編集] をクリックし、編集するビジュアライゼーションをクリックして開きます。

プロパティ パネルが非表示になっている場合は、右下にある [プロパティの表示] open right panelをクリックして開きます。

注: ビジュアライゼーションの右上に Linked Objectが表示されている場合、そのビジュアライゼーションはマスター アイテムにリンクされています。リンクされたビジュアライゼーションは編集できませんが、マスター アイテムは編集可能です。また、ビジュアライゼーションのリンクを解除すれば編集できるようになります。
注: プロパティ パネルの設定の一部は、たとえば、複数の軸またはメジャーを使用している場合、あるいは、他のオプションを有効にするようなオプションを選択する場合など、特定の状況下でのみ使用できます。

Data

[追加] をクリックして、軸またはメジャーを追加します。

項目を [メジャー] から [] にドラッグして、使用方法を変更できます。メジャーを [] に移動すると、その集計が削除されます。マスター メジャーを [] にドラッグすることはできません。数式が単純な場合は、メジャーのみを [] にドラッグできます。数式の詳細については、「ビジュアライゼーションにおける数式の使用」を参照してください。

Dimensions

[データ] タブで、[] の下で [追加] をクリックして、利用可能な [] と [項目] の一覧を開きます。使用したい軸または項目を選択します。

また、 Expressionをクリックして数式エディターで軸を作成することもできます。マスター アイテムにリンクされている軸を編集するには、まずリンクを解除する必要があります。 軸を作成するもう 1 つの方法は、テキスト ボックスに直接数式を入力することです。この方法で追加する数式は、等号 (=) で始める必要があります。計算軸の例を以下に示します。

=If (Week < 14, Week, 'Sales')

[追加] が淡色表示されている場合は、軸を追加できません。

The following properties are available for dimensions:

  • <Dimension name>: 軸の名前をクリックして、軸の設定を開きます。 軸を削除する場合は、ダイアログで軸をロングタッチ/右クリックし、 Deleteを選択します。または、軸をクリックして、 Delete.
    • Field: アセット パネルの [項目] から項目を追加してある場合は、その項目名が自動的に表示されます。3 をクリックして、数式エディタを開きます。
    • Label: 軸のラベルを入力します。 アセット パネルの [項目] から項目を追加してある場合は、その項目名が自動的に表示されます。
    • Dimension: マスター アイテムの場合のみ表示されます。マスター アイテムにリンクされている軸を編集するには、まずリンクを解除する必要があります。
    • Includenull values: 選択すると、すべての null 軸のメジャー値がまとめられ、1 つの軸アイテムとしてビジュアライゼーションに表示されます。null 値はすべて、空白またはダッシュ (-) で表示されます。
    • Limitation: Limits the number of displayed values. When you set a limitation, the only dimensions displayed are those where the measure value meets the limitation criterion:
      • No limitation: The default value.

      • Fixed number: Select to display the top or bottom values. Set the number of values. 数式を用いて数値を設定することも可能です。3 をクリックして、数式エディタを開きます。

      • Exact value: Use the operators and set the exact limit value. 数式を用いて数値を設定することも可能です。3 をクリックして、数式エディタを開きます。

      • Relative value: Use the operators and set the relative limit value in percent. 数式を用いて数値を設定することも可能です。3 をクリックして、数式エディタを開きます。

      • Calculated on measure: <measure>: Shown when you make a limitation to the number of displayed dimension values. メジャー値が条件を満たす軸が表示されます。

    • Show others: 選択すると、ビジュアライゼーションの最後の値 (グレーで表示) によって残りの値がすべて要約されます。何らかの制限が設定されている場合 ([固定数]、[厳密値]、または [相対数])、その設定で値は 1 としてカウントされます。 例えば、[厳密値] を 10 に設定して使用すると、10 番目の値は [その他] になります。
      • Other label: 集計値のラベルを入力します ([その他の表示] の選択時)。数式をラベルとして使用することも可能です。3 をクリックして、数式エディタを開きます。
  • Master item: You can create a master dimension based on the dimension expression by clicking Create new.

  • Add alternative: 代替軸および代替メジャーは、ビジュアライゼーションに追加される軸およびメジャーですが、視覚的な探索の間に表示される軸およびメジャーの切り替えをユーザーが行うまで表示されません。

Measures

On the Data tab, under Measures, click Add to open a list of available measures. Select the measure that you want to add to the visualization. 項目を選択すると、自動的にそのメジャーに対して選択可能な共通の集計関数が表示されます。 Pie charts require a measure for Angle, but optionally a measure can be added for Radius, which determines the radius of each slice of the pie chart.

If no measure is available, you need to create one. You can enter the expression directly in the text box, or click Expression to create a measure in the expression editor.

マスター アイテムにリンクされているメジャーを編集するには、まずそのメジャーのリンクを解除する必要があります。

If Add is dimmed, you cannot add more measures.

項目を [] から [メジャー] にドラッグして、使用方法を変更できます。軸を [メジャー] に移動すると、集計が割り当てられます。マスター軸を [メジャー] にドラッグすることはできません。

The following properties are available for measures:

  • <Measure name>:
    • Expression: 3 をクリックして、数式エディタを開きます。 The existing expression is displayed by default.
    • Label: Enter a label for the measure. Measures not saved in Master items are by default displayed with the expression as label.
    • Measure: マスター アイテムの場合のみ表示されます。マスター アイテムにリンクされているメジャーを編集するには、まずそのメジャーのリンクを解除する必要があります。
    • Number formatting: Different options for formatting the measure values. If you want to change the number format at app level, and not just for a single measure, it is better to do that in the regional settings, that is, in the SET statements at the beginning of the script in the data load editor.

      The following number formats are available:

      • Auto: Qlik Sense automatically sets a number formatting based on the source data.

        数値の省略形の表示には、k (千)、M (百万)、G (十億) などの国際単位系が使用されています。

      • Number: デフォルトの書式設定は [シンプル] に設定されており、ドロップダウン リストのオプションから書式設定を選択できます。[カスタム] 書式設定に変更するには、ボタンをクリックし、書式パターンを変更するには [書式パターン] ボックスを使用します。

        Examples:  

        • # ##0 区切り記号付きの 3 桁の整数として数値を表示します。この例では、" " は千の位をわかりやすくするために使用されています。
        • ###0 describes the number as an integer without a thousands separator.
        • 0000 describes the number as an integer with at least four digits. For example, the number 123 will be shown as 0123.
        • 0.000 小数点以下 3 桁で数値を表示します。この例では「.」は小数点の記号として使用されています。

        If you add the percent sign (%) to the format pattern, the measure values are automatically multiplied by 100.

      • Money: By default, the format pattern used for money is the same as set up in the operating system. Use the Format pattern box to change the format pattern.
      • Date: デフォルトの書式設定は [シンプル] に設定されており、ドロップダウン リストのオプションから書式設定を選択できます。[カスタム] 書式設定に変更するには、ボタンをクリックし、書式パターンを変更するには [書式パターン] ボックスを使用します。
      • Duration: By default, the format pattern used for duration is the same as set up in the operating system. Duration can be formatted as days, or as a combination of days, hours, minutes, seconds and fractions of seconds. Use the Format pattern box to change the format pattern.
      • Custom: By default, the format pattern used for custom is the same as set up in the operating system. Use the Format pattern boxes to change the format pattern.
        • Decimal separator: Set the decimal separator.
        • Thousands separator: Set the thousands separator.
        • Format pattern: Set the number format pattern.
        • Reset pattern: Click to reset to default pattern.
      • Measure expression: The format pattern is determined by the measure expression. Use this option to display custom number formatting for a measure in a visualization.
  • Master item: You can create a master measure based on the measure expression by clicking Create new.

  • Add alternative: 代替軸および代替メジャーは、ビジュアライゼーションに追加される軸およびメジャーですが、視覚的な探索の間に表示される軸およびメジャーの切り替えをユーザーが行うまで表示されません。

Sorting

Drag the dimension and measure to set the sorting priority order. The numbers show the order.

The dimension and measure can be sorted internally.

Click the dimension or measure name to open the settings and click the sorting button to switch to Custom sorting. The following list shows the internal sorting priority order and sorting options:

  • Sort by expression: Enter an expression to sort by. Only available for dimensions.
  • Sort numerically
  • Sort alphabetically

The sorting is either Ascending or Descending.

Additionally, you can sort by load order by switching to Custom and leaving all sorting options unselected.

If you have set a custom order for a field, that custom order will override any selected internal sort order in Sorting. For more information, see 軸の値の順序のカスタマイズ.

Add-ons

  • Data handling演算実行条件:  このテキスト項目で数式を指定して、オブジェクトが表示されるために満たす必要がある条件 (真) を設定します。値は、計算式として入力できます。例: count(distinct Team)<3。条件が満たされない場合は、[表示されたメッセージ] に入力されたメッセージまたは数式が表示されます。

    演算実行条件は、チャートやテーブルが非常に大きく、ビジュアライゼーションの応答が遅い場合に便利です。演算実行条件は、たとえば、ユーザーが選択を適用してデータを処理できるレベルにフィルタリングするまでは、オブジェクトが表示されないようにするといった場合に役立ちます。

Appearance

General

  • Show titles: Select to enable or disable titles, subtitles, and footnotes in the chart.

    Enter Title, Subtitle, and Footnote. By default, the string is interpreted as a text string. However, you can also use the text field for an expression, or a combination of text and expression. An equals sign (=), at the beginning of a string shows that it contains an expression.

    Click Expression if you want to create an expression by using the expression editor.

    Example:  

    Assume that the following string is used, including quotation marks: 'Sales: ' & Sum(Sales).

    By default, the string is interpreted as a text string and is displayed as presented in the example. But if you begin the string with an equals sign: (='Sales: ' & Sum(Sales)), the string is interpreted as an expression instead. The output is then Sales: <value of expression>, where <value of expression> is the calculated value.

  • Show details: Set to Show if you want to allow users to be able to choose to view details, such as descriptions, measures, and dimensions.

Alternate states

  • State: Set the state to apply to the visualization. You can select:

    • Any alternate state defined in Master items.
    • <inherited>, in which case the state defined for the sheet is used.
    • <default state>, which represents the state where no alternate state is applied.

    For more information about alternate states, see 並列ステートを使用した比較分析.

Presentation

  • Pie/Donut: Select to present the chart as a pie or as a donut.
  • Dimension label: When set to Auto, the label is displayed if there is enough space.
  • Value labels:
    • Auto: The measure values are displayed as a percentage of the whole.
    • Custom: Select how to display the measure values.
      • None: No measure values are displayed.
      • Share: The measure values are displayed as a percentage of the whole (default setting).
      • Values: The regular measure values are displayed.
        • Label measure: Select whether to use the values from the Angle measure or the Radius measure.

You can change the styling of the pie chart by clicking on Styling.

  • Outline width: Select if the pie chart slices should have an outline, and what the width of the outline should be. Default setting is None.
  • Outline color: In the color picker, select the color of the outline. This option is not available if Outline width is set to None.
  • Corner radius: Set the roundness of the corners of the slices.
  • Inner radius: Set the inner radius of the chart when it is presented as a donut. This option is only available when Donut has been selected.
  • Reset all: Resets all style editor properties to their default values.

Colors and legends

  • Colors: Select how the chart values are colored. There are two settings:
    • Auto: Colors the chart values using default settings.
    • Custom: Manually select the method of coloring your values in the chart. The following methods are available:
      • Single color: Color the chart using a single color (by default blue). Use the color picker to change the dimension color.
        • Use library colors: Option available when a master dimension or master measure used in the visualization has a color assigned to it. You can select to use the master item colors or to disable the master item colors. In cases where a visualization has both a master dimension and a master measure that have colors assigned to them, you can select which to use in the visualization.

      • By dimension: Color the chart by dimension values. デフォルトでは、12 の固有色が軸に使われます。軸値が 12 以上ある場合、同じ色が再利用されます。 When selected, the following settings are available:

        • Select dimension: Enter a field or expression containing the values to color objects in this chart.
        • Library colors: Select whether to use the master dimension color or to disable the master dimension color. Option available only when a master dimension used in the visualization has a color assigned to it.
        • Persistent colors: Select to have colors remain the same between selection states.
        • Color scheme: Select 12 colors or 100 colors to be used for the different values. The 12 colors can all be distinguished by people with color vision deficiency, but not all of the 100 colors.

      • By measure:
        • Select measure: Select the measure to use to color your chart.
        • Label: Enter text or an expression for the measure that displays in the legend.
        • Color scheme: Select a color scheme from the following options:
          • Sequential gradient: The transition between the different color groups is made using different shades of colors. High measure values have darker hues.

          • Sequential classes: The transition between the different color groups is made using distinctly different colors.

          • Diverging gradient: Used when working with data that is ordered from low to high, for instance, to show the relationship between different areas on a chart. Low and high values have dark colors, mid-range colors are light.
          • Diverging classes: Can be seen as two sequential classes combined, with the mid-range shared. The two extremes, high and low, are emphasized with dark colors with contrasting hues, and the mid-range critical values are emphasized with light colors.
        • Reverse colors: When selected, the color scheme is reversed.
        • Range: Define the range of values used to color by measure or by expression.
          • Auto: The color range is set by the measure or expression values.
          • Custom: When custom is selected, you can set the Min and Max values for the color range.
      • By expression: Color the chart using an expression to define colors for values. Supported color formats are: RGB, ARGB, and HSL.
        • Expression: Enter the expression that you want to use. 3 をクリックして、数式エディタを開きます。
        • The expression is a color code: Selected by default. In most cases, it is best to keep this setting. When the selection is cleared, the expression evaluates to a number, which in turn is plotted against one of the chart gradients.

          For more information, see ビジュアライゼーションを色分けする

          When the coloring is by measure or by expression, you can set the color range (Min and Max values). By setting the color range, the colors remain constant throughout selections and paging. When using color by expression, the option The expression is a color code must be cleared before you can set the color range.

  • Show legend: Not available when Single color is selected. By default set to Off. The legend is displayed if there is enough space. The placement can be changed in the Legend position setting.
  • 凡例の位置: 凡例を表示する場所を選択します。
  • 凡例タイトルの表示: 選択すると、凡例のタイトルが表示されます。

Tooltip

  • Tooltip: Set to Custom to be able to add measures as tooltips. Any added measures will be displayed as additional tooltips over the pie slices.
  • Add measure: Adds a measure to be shown as a tooltip. You can add a measure from a field using From a field. You can also use an expression to add a measure. 3 をクリックして、数式エディタを開きます。 The existing expression is displayed by default. You can change the label of the tooltip using Label as well as its formatting using Number formatting.