メイン コンテンツをスキップする

数式の入力によるマスター メジャーの作成

未公開のアプリで作業する際には、マスター メジャーを作成して再利用することができます。 数式エディターに数式を入力することにより、複雑な数式を追加できます。

  1. ストーリー ツール パネルのストーリーテリング ビューで Editを使用して、ストーリーを切り替えます。

    アセット パネルが左側に開きます。

  2. ストーリー ツール パネルのストーリーテリング ビューで Master items[マスター アイテム] タブを選択します。
  3. [メジャー] の見出しをクリックして、カテゴリを展開します。

  4. [新規作成] をクリックします。

    [メジャーの新規作成] ダイアログが開きます。

  5. [数式] フィールドで 3 を選択し、[数式を追加] ダイアログを開きます。

  6. 数式エディタに直接、数式を入力します (メイン ウィンドウ)。

    数式に使用した項目名がチェックされ、数式の構文が検証されます。

    ヒント: 数式エディタに入力している間、数式の検証は継続的に実行されます。エラーが検出された場合は、画面左下に不正な部分についてのヒントが表示されます。ヒントの隣にあるアイコンをクリックすると追加のエラー情報を確認できます。

    数式エディタでは各行に番号が振られており、使用している構文がハイライトされます。

    ヒント: オンライン ヘルプを利用すると、現在選択している関数の詳細な説明を確認できます。オンライン ヘルプを表示するには、数式エディタで関数名をダブルクリックし、Ctrl キーと H キーを押してください。この機能は、関数名の後に数式の左括弧を入力すると使用できるようになります (ただし、キーボードを使用している場合に限られます)。
  7. [適用] をクリックして、[数式を追加] ダイアログを閉じます。

    次にメジャーの説明データを入力する必要があります。

  8. メジャーの名前を入力します。

  9. メジャーの説明文を入力します (オプション)。

  10. 色を指定する場合は、色ドロップ ダウンで をクリックし、 Arrow down次のいずれかの方法で色を選択します。

    • パレットでいずれかの色をクリックします。
    • 16 進数の入力項目 [#] に 6 文字の色コードを入力します。
    • ストーリー ツール パネルのストーリーテリング ビューで Show optionsダイアログの下部で をクリックし、色ホイールで色を選択し、任意で彩度スライダーを調整します。
  11. タグを追加します (オプション)。

  12. [追加] をクリックします。

これでメジャーがマスター アイテムの [メジャー] カテゴリに保存され、ビジュアライゼーションで使用できるようになりました。

See also:

 

ビジュアライゼーションにおける数式の使用