メイン コンテンツをスキップする

データ ロード エディタの使用

このセクションでは、データ ロード エディタを使用してデータ モデルをアプリにロードするデータ ロード スクリプトの作成および編集方法について説明します。

データ ロード スクリプトは、アプリをデータ ソースにつなぎ、データ ソースからアプリにデータをロードします。データがロードされると、アプリで分析できます。データ ロード スクリプトの作成、編集、実行には、データ ロード エディタを使用します。

スクリプトは手動で編集することも、またはデータ マネージャーによって生成されるようにもできます。複雑なスクリプト ステートメントを使用する必要がある場合は、手動で編集する必要があります。

データ ロード エディターの例。

Example of the data load editor.

A: Toolbar

Toolbar with the most frequently used commands for the data load editor: global menu, u (debug) and Load data °. The toolbar also displays the save and data load status of the app.

To learn more about the data load script, see ロード スクリプトの保存, データ ロード スクリプトのデバッグ and スクリプト実行によるデータのロード.

B: Data connections

Under Data connections you can save shortcuts to the data sources (databases or remote files) you commonly use. This is also where you initiate selection of which data to load.

For more information, see データ ソースへの接続 and データ ロード エディタでデータを選択.

C: Text editor

You can write and edit the script code in the text editor. Each script line is numbered and the script is color coded by syntax components. The text editor toolbar contains commands for Search and replace, Help mode, Undo, and Redo. The initial script already contains some pre-defined regional variable settings, for example SET ThousandSep=, that you generally do not need to edit.

To learn more about script, see データ ロード スクリプトの編集 and スクリプト構文.

D: Sections

Divide your script into sections to make it easier to read and maintain. The sections are executed from top to bottom.

If you have added data using Add data, you will have a data load script section named Auto-generated section that contains the script code required to load the data.

For more information, see スクリプト コードの整理.

E: Output

Output displays the autosave status and all messages that are generated during script execution.

クイック スタート

データベースからファイルまたはテーブルをロードしたい場合は、[データ接続] で以下のステップを完了する必要があります。

  1. [接続の新規作成] により、データ ソースにリンクします (データ接続がまだない場合)。
  2. ± 接続からデータを選択します。

[スクリプトを挿入] をクリックして選択ダイアログを完了すると、[データのロード] を選択してデータ モデルをアプリにロードできるようになります。

データ ソースの接続については、次を参照してください。 データ ソースへの接続

ツールバー

ツールバーを使用すると、元に戻す/やり直し、デバッグ、検索/置換といったグローバル操作をデータ ロード スクリプト上で行うことができます。[データのロード° をクリックすると、アプリ内のデータをリロードできます。

上部のツールバー

メイン ツールバーのオプション
オプション 説明

ナビゲーション オプションを含むグローバル メニュー、およびアプリで実行可能なアクション。

タブ画面のブラウジングとグローバル メニューの詳細については、「タブを使用したナビゲーション」を参照してください。

データ

タブをクリックしてデータ タスクを実行します。たとえば、データ マネージャーデータ ロード エディターにデータをロードしたり、データ モデル ビューアーでデータ モデルを表示したりすることができます。

ーユーザーがアプリの所有者でない限り、公開されたアプリに [データ] タブは表示されません。その場合は、データ モデル ビューアーを開くことだけが可能です。

分析

タブをクリックして分析タスクを実行します。たとえば、テーブルとチャートを作成または操作できます。

ストーリー

タブをクリックしてアプリでストーリーを構築します。

アプリ情報を表示または非表示にします。ここで、アプリ情報を編集したり、アプリ オプションを開いてアプリのスタイルを指定したりすることができます。
注: アプリが公開された後は、アプリ情報を編集したり、アプリ オプションを開いたりすることはできません。
u

スクリプトのデバッグを行います。

詳細については、次を参照してください データ ロード スクリプトのデバッグ

[° データのロード]

スクリプトを実行してデータをロードします。アプリはリロード前に、自動的に保存されます。

詳細については、次を参照してください スクリプト実行によるデータのロード

h [データ接続] ビューを切り替えます。

スクリプト エディタ ツールバー

エディタ ツールバーのオプション
オプション 説明
F

スクリプト内のテキストを検索して置き換えます。

コメント/コメント解除
À インデント設定
à インデント解除
D

構文のヘルプ モードをアクティブにします。ヘルプ モードで、エディタ内の構文のキーワード (青) をクリックすると、構文に関する詳しいヘルプにアクセスできます。

注: ヘルプ モードでスクリプトを編集することはできません。
B

現在の選択での最後の変更を元に戻します (複数の操作を元に戻すことができます)。Ctrl+Z を押した場合と同じです。

C 現在の選択での最後の [元に戻す] をやり直します。Ctrl+Y を押した場合と同じです。

詳細については、次を参照してください データ ロード スクリプトの編集