メイン コンテンツをスキップする

日付および時刻項目

アプリで日付またはタイムスタンプ情報を含む項目を使用する場合、日付の関連属性の数値 (年や週など) を自動取得項目として定義して、ビジュアライゼーションで使用できます。

[データ マネージャー] での日付項目の作成

[データ マネージャー] でデータ プロファイリングを有効にして [データの追加] を利用してデータ モデルを構築した場合、または [データ マネージャー] で [データのロード] をクリックした場合は、日付項目は日付またはタイムスタンプと見なされる全データ項目に対して自動的に作成されます。

注:

[データ マネージャー] で作成した日付項目は自動的に autoCalendar に追加されます。

詳細については、「データ マネージャーによる、アプリでのデータの管理」を参照してください。

日付またはタイムスタンプ項目が自動認識されない場合は、[データ マネージャー] のテーブル エディタで入力形式を編集できます。また、ビジュアライゼーションで使用する表示形式も設定可能です。

詳細については、「項目の種類を変更する」を参照してください。

自動的に認識されるのはどの日付および時刻項目か?

日付およびタイムスタンプの項目は、システムのロケール設定に従って自動的に認識されます。また、次の書式も認識されます。

  • M/D/YYYY h:mm
  • D/M/YYYY h:mm TT
  • M/D/YYYY
  • D/MM/YYYY
  • YYYYMMDD
  • YYYYMMDDhhmmss
  • YYYYMMDDhhmmss.fff
  • YYYYMMDDhhmmssK
  • YYYY-MM-DD
  • YYYY-MM-DDThh:mm:ss
  • YYYY-MM-DD-Thh:mm:ss.fff
  • YYYY-MM-DD-Thh:mm:ssK
日付と時刻の書式
書式指定子 説明
YYYY
M, MM
D, DD
hh 時間
mm
ss
fff ミリ秒
TT AM または PM
K タイムゾーン
T 日付と時刻の間の仕切りT は他の文字には置き換えられません。

データ ロード スクリプトでの日付および時刻項目の作成

データ ロード エディタでデータ モデルを構築する場合、データ ロード スクリプト内に派生する項目を定義するためのカレンダー テンプレートを作成する必要があります。この自動取得の日付・時刻項目は、スクリプトが実行されデータがリロードされるときに、生成されます。

詳細については、「自動取得項目」を参照してください。

アプリでの日付および時刻項目の使用

ビジュアライゼーションの日付および時刻項目

アセット パネルの [項目] タブにある日付およびタイムスタンプ項目にはすべて G のマークが付いており、拡張可能となっています。ここでは、生成された日付および時刻属性を利用できます。これらは他のデータ項目と同じようにビジュアライゼーションで使用できます。

軸の日付および時刻項目

日付および時刻項目は、軸の作成時にも使用可能で、生成元の項目の下にリストされています。

数式の日付および時刻項目

日付および時刻項目は、メジャーの作成時など、あらゆる数式で使用できます。日付および時刻項目の名前は、

[項目名].autoCalendar.[日付および時刻項目] に基づき決定されます。

  • [項目名] は、日付および時刻項目を生成する際に使用したデータ項目名です。
  • [日付および時刻項目] は、使用する日付および時刻項目 (Year など) です。

Example:  

Date.autoCalendar.Year

カレンダー メジャーの日付および時刻項目

カレンダー メジャーでは、autoCalendar で作成した日付および時刻項目を使用します。各日付および時刻項目は、データが過去の日付期間の範囲に入るかどうか、または現在の日付に対する定義済み相対位置の範囲に日付が含まれるかどうかを判別する set 分析数式によって計算されます。これらの日付および時刻項目の値は相対的であり、現在の日付に基づいて結果が返されます。これらの項目は、カレンダー メジャーに依存することなく使用できます。

カレンダー項目の日付および時刻項目の書式設定は次のとおりです。

[項目名].autoCalendar.[日付および時刻項目]={[value]}

  • [項目名] は、日付および時刻項目を生成する際に使用した日付項目名です。
  • [日付および時刻項目] は、使用した日付および時刻項目の名前 (InYTD など) です。
  • [値] は日付および時刻項目の set 分析数式の値で、この値により含められる日付が決まります。

Example:  

Date.autoCalendar.YearsAgo={1}

以下に、サンプル値が指定された使用可能な日付および時刻項目を示します。