メイン コンテンツをスキップする
お知らせバナーを閉じる

Qlik Sense February 2020 の新機能

拡張知能

このリリースでは、Qlik cognitive engine によって駆動される Qlik Sense の視覚的洞察生成機能にいくつかの改善を加えました。レーダー チャートへの対応を追加したことにより、該当する条件が満たされたときに、コグニティブ エンジンがこのタイプの視覚化を自動的に生成できるようになりました。また、自然言語処理 (NLP) のためのパターン検出を改善し、自然言語連想検索を Qlik Sense Enterprise on Windows で利用できるようにしました。これらの機能は、Qlik Sense 内で AI が生成した洞察の提案の品質と関連性を向上させるのに役立ちます。

改善された自然言語処理 (NLP)

より良いパターン検出により Qlik cognitive engine の NLP を改善し、より適切な洞察の提案を促進しました。

自然言語サポート

Insights の自然言語サポートは、Qlik Sense Enterprise on Windows の新規インストールに対して有効になっています。既存のインストールをアップグレードするときにこれを有効にすることは可能ですが、サーバー SSL 証明書を置き換える必要があります。また、Natural Language Insights が改善され、すべてのプラットフォームでパターン検出が向上しました。

Insights で拡張チャートに対応

Insights でレーダー チャートへの対応が追加されました。12 以下の値を持つ 2 つの軸と、メジャーがある場合、ユーザーにこれが表示されます。最初の軸の値の明確な比率は 0.3 未満である必要があります。

Insights を使用した、データからのビジュアライゼーションの作成

ビジュアライゼーションとダッシュボード

このリリースでは、多くの新しいビジュアライゼーション機能とスタイル設定が Qlik Sense に追加され、ユーザーはより高度でカスタマイズされた分析を作成できるようになりました。近似曲線、テーブル内の指標、移動平均と差分の修飾子、カスタム ツール ヒント、メジャー用の複製機能を追加しました。これらはすべて、お客様からのフィードバックに基づいています。新しいスタイル設定には、ピボット テーブルの軸、ヘッダーおよびセルのオプション、スタイルが改善された新しいアクション ボタン、折れ線グラフの線オプション、ファネル チャートでのカスタム ソート、およびカスタム テーマでのフォント ファミリへの対応が含まれます。また、マッピング機能とプレゼンテーションも改善されました。これらの機能により、Qlik Sense のビジュアライゼーションおよびダッシュボード機能の品質と能力が再び拡張されました。

ビジュアライゼーション

トレンド ライン

このリリースでは、棒グラフと折れ線グラフの両方にトレンド ラインを簡単に追加するための新しい統計機能を備えています。トレンド ラインのオプションには、2 次、3 次、4 次の平均、線形、指数、対数、累乗、多項式があります。

トレンド ライン

テーブル トレンド インジケーター

ストレート テーブルは、グラフィック要素で強化されています。ユーザーは、KPI オブジェクトに似た条件付きアイコンを追加できます。テーブル インジケータは、動向や警告情報を示したり、重要な情報を強調したりするのに役立ちます。

テーブル プロパティ

移動平均と差分

棒グラフ、折れ線グラフ、テーブル、およびコンボ チャートに 2 つの新しい修飾子が追加されました。新しい修飾子は、12 か月ローリング平均など、完全な移動平均とステップ差に対応します。修飾子の概念は、式に別のレベルを追加するための迅速かつ簡単な方法を提供します。生成された式は、検査のコピーおよび編集に使用できます。

修飾子

カスタム マップ ポイント シンボル

標準図形に加えて、マップ チャートのポイント レイヤーに画像を追加できるようになりました。ポイント レイヤーは、画像の回転にも対応します。画像をマップ シンボルとして使用することは顧客から強く要望されており、一般的なユース ケースでは、アセットの種類を分離したり、マップ上でロゴを使用したりします。

マップ プロパティ

ファネル チャートの強化

ファネル チャートでは、既定の降順メジャーに加えて、新しいカスタム ソート オプションが使用可能になりました。この強く要求された機能は、ユーザーがより厳密でないファネルをモデル化したい場合に役立ちます。

ファネル チャート

ダッシュボードとアプリケーション

改善されたアクション ボタン

背景色と画像、ラベルのフォント サイズと色と境界線の色、幅、半径など、より多くのスタイル設定を使用してアクション ボタンを改善しました。これはお客様から強く要望されておりました。

ボタン

カスタム ツール ヒント

カスタム ツール ヒントは、棒グラフ、コンボ チャート、マップ チャート、円グラフ、散布図、およびツリーマップで使用できます。メジャーを追加して、ツール ヒントを調整できます。書式設定する数値。これはお客様から強く要望されておりました。

カスタム ツール ヒントの追加

マップ レイヤー選択トグル

コンテンツ作成者は、どのレイヤーを選択可能にするかを決定できるようになりました。これは、背景情報を保持するレイヤーに便利です。

マップ プロパティ

条件背景レイヤー

マップ背景レイヤーは、[条件の表示] オプションを使用してオンまたはオフに切り替えることができます。

マップ プロパティ

軸とメジャーの複製

ビジュアライゼーションで作成された軸に基づいて、マスター軸を作成することができるようになりました。

マスター軸を使用した軸の再利用

テーマとスタイル

ピボット テーブル スタイル指定

スタイル指定には、ヘッダーのフォント サイズと色、セルのフォントのサイズと色、軸値のテキスト配置と色が含まれます。スタイル指定により読みやすさが向上し、ユーザーは Qlik Sense テーブルの外観を作成およびカスタマイズできます。

ピボット テーブルのプロパティ

折れ線グラフのスタイル指定

折れ線グラフは、多くの新しいスタイル設定によって改善されました。折れ線は、メジャーごと、またはチャート全体に対して個別にスタイル設定できます。

  • 線の太さ
  • 線のスタイル: 実線または破線
  • 線の屈曲度: 滑らかまたは直線
  • 垂直プレゼンテーション

折れ線グラフ プロパティ

拡張フォント ファミリの選択

新しいテーマ設定により、開発者は Qlik Sense チャート内のテキストのフォント ファミリを設定できます。多くのお客様から、カスタム フォントを使用してアプリのスタイルを設定する機能を要求されていました。

開発者用 Sense: カスタム フォント (英語のみ) を使用したテーマの作成

データの管理、接続および統合

このリリースでは、Qlik SenseQlik Data Catalyst の統合と、Qlik Senseの全体的な接続性を拡張しました。

Qlik Data Catalyst を介した Qlik Sense 内の QVD Catalog Browsing

2019 年 6 月のリリースで、Qlik Data Catalyst は QVD ファイル内に保存されたデータを取り込み、プロファイルし、洗練し、カタログ化し、公開する機能を備えました。これに加えて、Qlik の顧客が QVD ファイルを整理して見つけるのを支援することに特化した新サービスを 2019 年 9 月に導入しました (Qlik Data Catalyst for QVDs)。2020 年 2 月に Qlik Sense に新しい機能を導入することで、Qlik SenseQlik Data Catalyst の統合をさらに強化しました。Qlik Sense といずれかの Qlik Data Catalyst 製品をお持ちのお客様の場合、Qlik Sense ユーザーは Qlik Sense データ マネージャー内から QVD カタログを表示できるようになります。これにより、Qlik Sense ユーザーは、使い慣れた Qlik Sense 環境を離れずに Qlik Data Catalyst を活用できるようになりました。

  • Qlik Sense データ マネージャーから QVD を簡単に探して選択できます。複雑なフォルダ階層をナビゲートしたり、ファイル命名規則に依存したりする必要はありません。
  • Qlik Sense を離れることなく Qlik Data Catalyst の機能を生かします。

Qlik Data Catalyst と Qlik Sense Enterpriseの統合

コネクター

Google Big Query の改善

Google Big Query Storage API への対応が追加されました。Google Big Query コネクターでサービス認証オプションに対応しました。

Google BigQuery Connection を作成する (英語のみ)

バック エンドの改善

  • 負荷分散データのリロード タスクのパフォーマンスが大幅に向上しました。
  • SAML2 コンポーネントをアップグレードして、最新のセキュリティ強化を実現しました。