監査アクティビティ ログ

次の表では、監査アクティビティ ログ、<MachineName>_AuditActivity_<Service>.txt の項目がリストされています。

注: 監査アクティビティ ログには、Severity 項目は含まれていません。これは、ログ内のすべての行が同じログ レベルになっているためです。
項目 形式 説明
Sequence# Int 1 から 2147483647 までが既定ですが、アペンダー に記載されているカスタム ログを使用して設定できます。ログの各行は、ログが改ざんされていない (つまり、挿入されたり削除されたりする行はない) ことを保証するために使用されるシーケンス番号から始まります。シーケンス番号は、a) 最後のシーケンス番号に達した場合、b) 最後のシーケンス番号に達していないのに、何らかの理由でログが再起動した場合、折り返します。
ProductVersion String

Qlik Sense サービスのバージョン番号 (たとえば、1.2.1.3)。

Timestamp ISO 8601

ISO 8601 形式のタイムスタンプ、YYYYMMDDThhmmss.fffK。詳細は以下の通りです。

  • YYYY: 年
  • MM: 月
  • DD: 日
  • T: 区切り記号
  • hh: 時間
  • mm: 分
  • ss: 秒
  • fff: ミリ秒
  • K: タイム ゾーンのオフセット

例えば、20110805T145657.000+0200 は、2011 年 8 月 5 日の 14:56:57 (GMT+2) を意味します。

ホスト名 String サーバーの名前。
ID String

ログ エントリの一意の識別子 (Log4net によって追加)。

Description String

システム内のアクションを要約した人間が読めるメッセージ。

形式:

コマンド=<CommandName>;結果=<ReturnCode (Int)>;ResultText=<説明、成功、またはエラー メッセージ>

ProxySessionId String

プロキシ セッションの ID

0 = 内部システム コマンドまたは QPS を通過しないコマンド

ProxyPackageId String

Qlik Sense Proxy Service (QPS) を通過する各 HTTP (S) パッケージの一意の ID。

0 = 内部システム コマンドまたは QPS を通過しないコマンド

RequestSequenceId String

RequestSequenceId と ProxyPackageId の組み合わせは、ログ ファイルのすべての行で一意であり、プロキシ セッションにタイムラインを作成します。また、この組み合わせはログ ファイルにプライマリ キーを形成します。

最初の RequestSequenceId は整数になります。サブリクエストは、点とサブリクエストの ID を追加して最初のリクエストにリンクされます。

  • 最初のリクエスト: RequestSequenceId = 1
    • 最初のリクエストに基づいたサブリクエスト 1: RequestSequenceId = 1.0
    • 最初のリクエストに基づいたサブリクエスト 2: RequestSequenceId = 1.1

0 = 内部システム コマンドまたは Qlik Sense Engine Service (QES) を通過しなしいコマンド

UserDirectory String ログインした Qlik Sense ユーザーにリンクしたユーザー ディレクトリ。
UserId String

このコマンドを開始する Qlik Sense ユーザー。

システム = 内部システム コマンド

ObjectId String

オブジェクトの内部 ID。ユーザー アクションにシステム アクションをリンクするために使用します。

0 = オブジェクトの ID を取得できません

ObjectId 項目に、"|" (パイプ) 記号で区切られた複数の ID が含まれている場合があります。

Example: 複数の ID を含む ObjectId 項目

ログ イベント: リロード タスクを開始します

ObjectId 項目のコンテンツ: ed5715cd-2d7f-44ec-825f-44084efb3443|d63c7e4e-6089-4314-b60f-ed47ba6c35cc

  • First ID (最初の ID): タスクの ID。
  • Second ID (2 番目の ID): アプリの ID。
ObjectName String

人間が読めるオブジェクトの名前。ObjectName は ObjectId にリンクしています。

使用できません = ObjectName を ObjectId にリンクできないか、または ObjectId がありません

ObjectName 項目に複数の名前が含まれている場合があります。

Example: 複数の名前を含む ObjectName 項目

ログ イベント: リロード タスクを開始します

ObjectName 項目のコンテンツ: MyReload|MyApp

  • 最初の識別子 (MyReload): タスクの名前。
  • 2 番目の識別子 (MyApp): アプリの名前。

ObjectNames のリストには常に、ObjectIds のリストに一致します。これは最初の位置の ObjectName は対応する ObjectId 項目の位置の ID によって特定されるという意味です。この例では、次の ID が適用されます (ObjectId 項目の説明も参照してください):

  • MyReload = ed5715cd-2d7f-44ec-825f-44084efb3443
  • MyApp = d63c7e4e-6089-4314-b60f-ed47ba6c35cc
Service String プロセスをホストするサーバーの Qlik Sense サービス。
Origin String

リクエストのオリジン:

  • AppAccess
  • ManagementAccess
  • 使用できません
コンテキスト String

コマンドのコンテキスト。

コンテキストは、コマンドのリンクしている URL またはコマンドにリンクしているモジュール パスの短いバージョンです。

Command String 使用例またはシステム コマンドのコア名。
結果 String

リターン コード:

  • 0, 200 - 226: 成功
  • その他の数値: エラー
Message String ログ エントリを説明するテキスト。リクエストが成功した場合、この項目には "成功" が表示されます。
Id2 String 一意の行識別子 (チェックサムは Log4Net によって追加されます)。