アクセス パス

主要なライセンス タイプには、ユーザーベースとトークンベースの 2 つがあります。

  • ユーザーベースのライセンス: プロフェッショナル アクセスおよびアナライザー アクセスを割り当てることができます。LEF によって、2 つのアクセス タイプの分布が決まります。
  • トークンベースのライセンス: ユーザー アクセスおよびログイン アクセスを割り当てることができます。LEF により、2 つのアクセス タイプに割り当てることができるトークン数が決まります。

これらの 2 種類の他に、使用可能な機能に関してアナライザー アクセスに似ているものの、消費が時間ベース (アナライザー タイム) になっているアナライザー キャパシティ ライセンスがあります。

ユーザーベースのライセンス

ユーザーベースのライセンスは、プロフェッショナル アクセスとアナライザー アクセスの既定数の割り当てを許可します。アクセス タイプの分布は LEF によって決まります。

次の表に、ユーザーベースの Qlik Sense ライセンスで使用できるアクセス タイプを示します。

アクセス タイプ 説明
プロフェッショナル アクセス

識別されたユーザーにプロフェッショナル アクセス権を割り当て、Qlik Sense サイト内のストリームとアプリにアクセスできるようにします。プロフェッショナル アクセスは、Qlik Sense インストールのすべての機能にアクセスする必要があるユーザーが対象です。プロフェッショナル アクセス権のあるユーザーは、シートまたはアプリを作成、編集、公開でき、Qlik Sense サイトの管理などの使用可能な機能をすべて使うことができます。

アクセス タイプ (プロフェッショナル アクセス) とユーザーとは、直接的に関係しています。ユーザーからプロフェッショナル アクセスの割り当てを解除すると、アクセス権が直近 7 日間で使用されていれば、そのアクセス タイプは検疫のため隔離されます。直近 7 日間で使用されていない場合、プロフェッショナル アクセス権は直ちに解放されます。7 日以内であれば、同一のユーザーに検疫状態のプロフェッショナル アクセス権を復元することができます。

このアクセス パスのタイプでは、単一ユーザーが行える並列ユーザー接続の最大数は、5 回です。 最大数の並列ユーザー接続を持つユーザーが接続を終了する (たとえば、ログアウト) 場合、別の接続を追加する (たとえば、ログイン) には、アクセス パスが使用可能になる前に 5 分が経過する必要があります。

アナライザー アクセス

識別されたユーザーにアナライザー アクセス権を割り当て、ハブ内のストリームとアプリにアクセスできるようにします。アナライザー アクセスは、他のユーザーによって作成されたシートとアプリを使用するユーザーが対象です。アナライザー アクセス権を持つユーザーは、シートやアプリを作成、編集、または公開することはできませんが、アプリ内のデータに基づいて、ストーリー、ブックマーク、スナップショットを作成できます。また、ユーザーは、ブックマーク、印刷オブジェクト、ストーリー、シートを作成したり、オブジェクトから Excel にデータをエクスポートしたりすることもできます。

アクセス タイプ (アナライザー アクセス) とユーザーとは、直接的に関係しています。ユーザーからアナライザー アクセスの割り当てを解除すると、アクセス権が直近 7 日間で使用されていれば、そのアクセス タイプは検疫のため隔離されます。直近 7 日間で使用されていない場合、アナライザー アクセス権は直ちに解放されます。7 日以内であれば、同一のユーザーに検疫状態のアナライザー アクセス権を復元することができます。

このアクセス パスのタイプでは、単一ユーザーが行える並列ユーザー接続の最大数は、5 回です。 最大数の並列ユーザー接続を持つユーザーが接続を終了する (たとえば、ログアウト) 場合、別の接続を追加する (たとえば、ログイン) には、アクセス パスが使用可能になる前に 5 分が経過する必要があります。

アナライザー キャパシティ

アナライザー キャパシティは消費ベースのライセンス タイプで、使用可能な機能に関してアナライザー アクセスに似ています。アナライザー キャパシティは匿名ユーザーを含むすべてのユーザーが使用可能で、それらのユーザーは、6 分単位で消費される毎月のアナライザイー時間の割り当てを共有します。

トークンベースのライセンス

次の表に、トークンベースの Qlik Sense ライセンスで使用できるアクセス タイプを示します。

アクセス タイプ 説明

ユーザー アクセス パス

このタイプのアクセス パスでは、一意に指定されたユーザーがハブにアクセスできます。

アクセス パスは、Qlik Sense サイト全体で有効です。たとえば、ユーザーがまず米国のノードに接続して、その後英国のノードに接続した場合、2 つのノードが同じセントラル ノードに接続されているなら、ユーザーは同じアクセス パスを使用します。

参照先: アーキテクチャ

このアクセス パスのタイプでは、単一ユーザーが行える並列ユーザー接続の最大数は、5 回です。最大数の並列ユーザー接続を持つユーザーが接続を終了する (たとえば、ログアウト) 場合、別の接続を追加する (たとえば、ログイン) には、アクセス パスが使用可能になる前に 5 分が経過する必要があります。

1 個のトークンは、1 個のユーザー アクセス パスに対応します。アクセス パスは、Qlik Management Console (QMC) を使用して割り当てられます。

ログイン アクセス パス

このタイプのアクセス パスでは、指定されたユーザーあるいは匿名ユーザーが、28 日間につき最大 60 分間続けてハブにアクセスできます。ユーザーが 60 分の制限を超えても、ユーザー接続はタイムアウトしません。その代わり、別のログイン アクセス パスが使用されます。利用できるログイン アクセス パスがこれ以上ない場合、ユーザー接続は終了します。

  • 認識されたユーザーが切断された場合、60 分以内に再接続すれば、そのユーザーは再接続して同じアクセス パスを使用できます。
  • 匿名のユーザーが切断された場合、そのユーザーは再接続時に新しいアクセス パスを取得します。

ログイン アクセス パスはログイン数を記録し、28 日間にわたり作動します。たとえば、グループ A に 1000 回のログイン数が割り当てられている場合、グループ A のユーザーは、28 日間にわたって 1000 回のログイン数を利用できます。ログイン数 100 回分が第 1 日目に使用された場合でも、第 29 日目に再び、100 回のログイン数を利用できます。

このアクセス パスのタイプでは、単一ユーザーが行える並列ユーザー接続の最大数は、5 回です。 これは、認識されたユーザーにのみ適用されることにご注意ください。匿名のユーザーが持つことのできるユーザー接続は 1 つのみです。最大数の並列ユーザー接続を持つユーザーが接続を終了する (たとえば、ログアウト) 場合、別の接続を追加する (たとえば、ログイン) には、アクセス パスが使用可能になる前に 5 分が経過する必要があります。 ただし、追加のアクセス パスを消費すれば、1 つのアクセス パスで許可されている数を超える接続を使用できます。

1 個のトークンは、10 個のログイン アクセス パスに対応します。アクセス パスは、QMCのログイン アクセス グループを使って割り当てられます。

注: アプリがアクティブに使用されていない場合、アプリをリロードするとセッションが延長され、アクセス パスも消費されます。アプリとともにブラウザー ページが開いている場合、アプリをリロードするとさらにアクセス パスが消費されます。