Qlik Sense のアップグレードと更新

Qlik Sense 設定プログラムを使用して、Qlik Sense 3.1 SR2 から Qlik Sense June 2017 以降にアップグレードすることができます。設定プログラムによる 3.1 SR2 より前のバージョンの Qlik Sense から Qlik Sense June 2017 以降へのアップグレードはできません。Qlik Sense June 2017 以降へのアップグレード方法については、「アップグレード」を参照してください。

Qlik Sense 展開への更新は、パッチの適用により行えます。パッチには主に、既存の Qlik Sense のバージョンに適用されるソフトウェアの更新と修正が含まれています。詳細については、「Qlik Sense のパッチ適用」を参照してください。

持続性モデルのアップグレードと移行

Qlik Sense June 2017 以降は共有持続性モデルにのみ対応しています。同期持続性モデルには対応していません。Qlik Sense 3.1 SR2 展開を Qlik Sense June 2017 以降にアップグレードすると、共有持続性モデルに移行されます。

同期持続性から共有持続性にアップグレードできるのは、既存の展開で Qlik Sense バージョン 3.1 SR2 が動作している場合です。同期持続性から共有持続性へのアップグレードと移行 を参照してください。

セントラル ノードを同期持続性から共有持続性にアップグレードした場合、既存のレポジトリ データベースがすべてのノードで共有されます。別のマシンに専用のリポジトリ データベースを設定する場合は、新規インストールを実行する必要があります。詳しくは「PostgreSQL のインストールと構成」と「マルチノード サイトでの Qlik Sense のインストール」を参照してください。

アップグレードと集中ログ

Qlik Sense June 2017 以前からアップグレードすると、インストーラ ウィザードで集中ログを設定するオプションが提供されます。Qlik Sense September 2017 以降からアップグレードしても、このオプションは提供されません。集中ログが Qlik Sense の以前のバージョンで設定されていた場合にのみ、アップグレード中に設定されます。集中ログが設定されていなかった場合は、ログ サービスがインストールされて実行されますが、データベースはインストールされません。