AirWatch を使った Qlik Sense Mobile アプリの展開

Qlik Sense Mobile アプリは、AirWatch を使って展開できます。AirWatch を使って展開するには、アプリを AirWatch Catalog に追加します。アプリを AirWatch Catalog に追加したら、アプリを直接ユーザーのデバイスにプッシュすることも、アプリの手動インストールをユーザーに許可することもできます。

AirWatch を使ってアプリを展開するには、次の手順を実行します。

  1. AirWatch Management Console を開きます。
  2. [Apps & Books] (アプリ & 書籍) > [Applications] (アプリケーション) > [List ] (リスト ビュー) > [Public] (パブリック) の順に移動して、[Add Application] (アプリケーションの追加) を選択します。
  3. [Platform] (プラットフォーム) を選択します。

  4. [Enter URL] (URL を入力) を選択し、URL を入力して Qlik Sense Mobile アプリをダウンロードします。

  5. [次へ] をクリックします。
  6. [詳細設定] タブでオプションを構成します。

  7. [Assignment] (割り当て) タブでアプリケーションをスマート グループに割り当てます。

  8. [App Delivery Method] (アプリ配布方法) を構成します。
    • On Demand (オンデマンド) - アプリをカタログに展開し、インストールするかどうか、およびいつインストールするかはユーザーに任せます。
    • 自動 - 登録時、デバイス上のカタログにアプリを展開します。デバイスの登録後、アプリをインストールするようにメッセージが表示されます。
  9. Qlik Sense ハブへのリンクがある Qlik Sense Mobile アプリを展開する場合は、[Send Application Configuration] (アプリケーションの構成を送信) を選択します。
  10. アプリケーションの [Required Terms of Use] (必要な利用規約) を [利用規約] タブに割り当てます。

  11. [Save & Publish] (保存 & 公開) を選択して、割り当てられたデバイスが一覧になっているデバイス割り当てページを表示します。

  12. [公開] を選択してアプリケーションを展開します。

ユーザーが AirWatch を使ってアプリを手動でダウンロードしてインストールする方法については、「AirWatch を使用した Qlik Sense への接続」を参照してください。