証明書のバックアップ

Qlik Sense をインストールする場合は、セントラル ノード上に証明書のバックアップを作成します。

次の手順を実行します。

  1. コマンド プロンプトを開き、Qlik Sense サービスを実行するユーザーとして Microsoft Management Console (mmc) を起動します。
  2. [ファイル] > [スナップインの追加と削除] と選択します。
  3. [証明書] をダブルクリックします。
  4. [コンピューター アカウント] を選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [ローカル コンピューター] を選択し、[完了] をクリックします。
  6. [証明書] をダブルクリックします。
  7. [ユーザー アカウント] を選択し、[完了] をクリックします。
  8. [OK] をクリックします。
  9. 左側のパネルの [Local Computer (証明書ローカル コンピューター] を展開します。
  10. [信頼されたルート証明機関] フォルダを展開して、[証明書] フォルダを選択します。
  11. Qlik Sense サイトの全ノード用の Certificate Authority (CA) である証明書を右クリックして、[すべてのタスク] > [エクスポート] の順に選択します。 デフォルトで、CA は <computer_that_issued_the_certificate>-CA と命名されます。
  12. [次へ] をクリックします。
  13. [はい、秘密キーをエクスポートします] を選択して、[次へ] をクリックします。
  14. [個人情報交換] を選択します。
  15. [すべての拡張プロパティをエクスポートする] ボックスを選択して、[次へ] をクリックします。
  16. パスワードを入力して確認します。[次へ] をクリックします。
  17. 証明書をインポートするためにはパスワードが必要です。

  18. .pfx ファイルのファイル名を入力し、[次へ] をクリックします。
  19. ヒント: ほかの証明ファイルとの混乱をさけるために、ファイル名にはサーバーの名前を含めることをお勧めします。

  20. [完了] をクリックします。
  21. Qlik Sense サイトの全ノードの CA を含む .pfx ファイルは、選択した場所に保存されます。

  22. ステップ 11 から始めて手順を繰り返し、[Local Computer(証明書ローカル コンピュータ] > [個人用] > [証明書] にあるサーバー証明書 (SSL 証明書) をエクスポートします。 サーバー署名書には、a) マシンのドメイン名システム (DNS) と同じ名前が付いており、b) サイトのすべてのノードについて CA が署名しています。
  23. ステップ 11 から始めて手順を繰り返し、[証明書 - 現在のユーザー] > [個人用] > [証明書] にあるクライアント証明書 (クライアントの ID) をエクスポートします。 クライアント証明書の名前は QlikClient で、サイトのすべてのノードについて CA が署名しています。
  24. MMC コンソールを閉じます。
  25. 変更を保存する必要はありません。