QMC からのアプリの公開

適切なアクセス権限がある場合は、Qlik Sense ハブからアプリを作成し、ストリームに公開することができます。アプリは、QMC から公開することもできます。 インストールされている Qlik Sense Desktop で作成されるアプリを公開するには、まずそのアプリを QMC からインポートする必要があります。 アプリ、ストリーム、ユーザーに適用されるセキュリティ ルールによって、コンテンツにアクセスできるユーザーおよびそのユーザーが実行できる内容が決まります。アプリは公開後ロックされます。サーバー デプロイメントの Qlik Sense ハブを介してコンテンツを公開済みのアプリに追加することは可能ですが、オリジナルのアプリで公開されたコンテンツは編集できません。

アプリを QMC から公開すると、所有者のアプリが [作業] フォルダーから [公開済み] フォルダーに移動され、ストリーム アイコン (ã) でマークされて、公開済みであることを示します。

  • アプリを複数のストリームに公開するには、最初にアプリの複製を作成する必要があります。
  • アプリを再公開するには、公開済みアプリの複製を作成し、その複製を編集して公開します。 公開済みアプリを置換するには、[Replace existing] オプションを使用します。

アプリを Qlik Sense Enterprise for elastic 展開または Qlik Cloud Services に公開するには、最初に配布ポリシーを作成する必要があります。「配布ポリシー - はじめに」を参照してください。

警告: Qlik Cloud Services ではアプリの拡張機能に対応していません。拡張機能を持つアプリを Qlik Cloud Services 展開に公開した場合、そこでは拡張機能は使用できません。

次の手順を実行します。

  1. QMCスタート ページから、あるいは [スタート] S ドロップダウン メニューから [アプリ] を選択して、概要を表示します。

  2. 公開するアプリを選択します。

    [公開] の横の数字は、選択したアプリの中で公開できるアプリの数を示します。

  3. アクション バーで [公開] をクリックします。

    注: ストリームのアクセス権がない場合は、[公開] ボタンは表示されません。

    ダイアログ ウィンドウが開きます。

  4. [Publish app] ダイアログで、以下の手順を行います。

    1. [Select a stream] ドロップダウン メニューを使用して、公開先のストリームを選択します。
    2. [名前] テキスト フィールドでは、公開するアプリの名前を変更できます。[複数の値] が表示された場合は、複数のアプリを公開しようとしており、アプリの名前を変更することはできません。
  5. オプション: すでに公開されているアプリを置き換えることができます。これは、1 つのアプリを選択した場合のみ可能です。

    1. [既存のアプリを置換] を選択します。

    2. [置き換えるアプリ] ボックスをクリックします。

      ダイアログが開きます。

    3. 置き換える公開済みのアプリをダブルクリックします。

      アプリが [置き換えるアプリ] フィールドに追加されます。

  6. [OK] をクリックして公開します。既に公開済みのアプリを置換している場合は、表示される確認ダイアログで [公開して置換] をクリックします。

    ダイアログが閉じ、[s: x 選択したアプリの公開に成功しました: x] と表示されます。ここで、x は公開されたアプリの数です。また、アプリ概要の [ストリーム] 列が更新され、アプリの公開先のストリームが表示されます。[公開済み] 列には公開日が表示されます。