拡張機能: 関連するアイテム

次のテーブルでは、関連するアイテムで利用できる項目とボタンを示しています。既定では項目の一部のみが表示されます。列セレクター (') を使用して項目を追加できます。

ヒント: 列幅は、ヘッダーの線をドラッグすることで調整できます。

ユーザー アクセス

[ユーザー アクセス] は、リソースを編集する際に [関連するアイテム] から利用できます。プレビューには、ターゲット リソースと選択したアイテムにアクセスできるソース ユーザーが表示されます。権限に応じて、ユーザーやリソース、関連するルールを編集したり、表示することができます。

セキュリティ ルール

[セキュリティ ルール] は拡張機能を編集する際に [関連するアイテム] から利用できます。概要には、選択した拡張機能に関連付けられるセキュリティ ルールのリストが含まれます。

[セキュリティ ルール] プロパティ グループにはユーザー条件プロパティが含まれます。

プロパティ 説明
[名前]

セキュリティ ルールの名前。

[説明] ルールの説明。
[リソース フィルター]

ルールの ID。

[アクション] ルールで許可されたアクション。
[無効化]

ステータス値:Yes または No

[コンテキスト] セキュリティ ルールのコンテキスト ([QMC]、[Hub]、[Both])。
[タイプ] セキュリティ ルール タイプ ([Default]、[Read only]、[Custom])。
[条件] セキュリティ ルールの条件。
[ID] セキュリティ ルールの ID。
[作成日時] セキュリティ ルールが作成された日時。
[最終変更日] セキュリティ ルールが最後に変更された日時。
[変更者]

セキュリティ ルールを最後に変更した者。

概要で選択してアクション バーの [Edit] をクリックすると、セキュリティ ルールの編集ページが表示されます。