タスク チェーンの作成

タスクは任意のパターンで連動できます。この例では、3 種類の異なるアプリでデータをリロードするタスク チェーンの作成方法について説明しています。

  • タスク 1 はアプリ A を毎時間リロードします。
  • タスク 2 はアプリ B を毎日リロードします。
  • タスク 3 はタスク 1 とタスク 2 が 120 分以内に実行されている場合、アプリ C をリロードします。

次の手順を実行します。

  1. アプリ A の新規リロードタスクを作成します。

    1. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] Sドロップダウン メニューから [タスク] を選択して、概要を表示します。
    2. 操作バーの [P 新規作成] をクリックします。

      [リロード タスク編集] ページが表示されます。

    3. [名前] 項目に 「Task 1」 と入力します。

    4. [アプリ名] 項目で [アプリ選択] をクリックします。開くダイアログでアプリ A をダブルクリックします。

      ダイアログが閉じ、[アプリ名] 項目にアプリ A が表示されます。

    5. [実行] プロパティはそのままにします。
    6. [トリガー] 表見出しの [アクション] S をクリックして [毎時間トリガーを新規作成] を選択します。

      トリガーが [トリガー] 表に追加されます。トリガーの開始値は作成時には 5 分に設定されます。

    7. [適用] をクリックします。

    [追加されました] と表示されます。

  2. 次のステップではアプリ B のリロード タスクを作成します。

    1. 左側の選択パネルから ê [タスク] をクリックします。

      [タスク] の概要が表示されます。

    2. 操作バーの [P 新規作成] をクリックします。

      [リロード タスク編集] ページが表示されます。

    3. [名前] 項目に 「Task 2」 と入力します。

    4. [アプリ名] 項目で [アプリ選択] をクリックします。開くダイアログでアプリ B をダブルクリックします。

      ダイアログが閉じ、[アプリ名] 項目にアプリ B が表示されます。

    5. [実行] プロパティはそのままにします。
    6. [トリガー] 表見出しの [アクション] S をクリックして [毎日トリガーを新規作成] を選択します。

      トリガーが [トリガー] 表に追加されます。

    7. トリガーをダブルクリックし、[開始時間] を 「12:00」 に設定して [OK] をクリックします。

      ダイアログが閉じます。

    8. [適用] をクリックします。

    [追加されました] と表示されます。

  3. 次のステップではアプリ C のリロード タスクを作成します。

    1. 左側の選択パネルから ê [タスク] をクリックします。

      [タスク] の概要が表示されます。

    2. 操作バーの [P 新規作成] をクリックします。

      [リロード タスク編集] ページが表示されます。

    3. [名前] 項目に 「Task 3」 と入力します。

    4. [アプリ名] 項目で [アプリ選択] をクリックします。開くダイアログでアプリ C をダブルクリックします。

      ダイアログが閉じ、[アプリ名] 項目にアプリ C が表示されます。

    5. [実行] プロパティはそのままにします。
    6. [トリガー] 表見出しの [アクション] S をクリックして [タスク イベント トリガーを新規作成] を選択します。

      [他のタスクの開始によりトリガー] ダイアログが表示されます。

    7. [トリガー名] 項目で、たとえば 「My trigger」 と入力します。
    8. このトリガーは、既定では [有効] になっています。
    9. [時間制約] を 120 分に設定します。
    10. [タスクの追加] をクリックします。表示される空の項目をクリックしてから、開いたダイアログでタスク 1 をダブルクリックし、ドロップダウンは [タスク成功] のままにします。
    11. [タスクの追加] をクリックします。表示される空の項目をクリックしてから、開いたダイアログでタスク 2 をダブルクリックし、ドロップダウンは [タスク成功] のままにします。
    12. [OK] をクリックします。

      トリガー ダイアログが閉じます。

    13. [適用] をクリックします。

    [追加されました] と表示されます。

これでタスク チェーンが作成され、タスクがタスクの概要に追加されました。é をクリックするとタスク チェーンを表示できます。