QlikWorld 2020 グローバル会議データを最大限活用する方法を探索するために参加 今すぐ行動するすぐに登録して保存

ヒストグラムのプロパティ

ビジュアライゼーションのプロパティ パネルは、 Editツールバーで [編集] をクリックし、編集するビジュアライゼーションをクリックして開きます。

プロパティ パネルが非表示になっている場合は、右下にある open right panelをクリックして開きます。

注: ビジュアライゼーションの右上に Linked Objectが表示されている場合、そのビジュアライゼーションはマスター アイテムにリンクされています。リンクされたビジュアライゼーションは編集できませんが、マスター アイテムは編集可能です。また、ビジュアライゼーションのリンクを解除すれば編集できるようになります。
注: プロパティ パネルの設定の一部は、たとえば、複数の軸またはメジャーを使用している場合、あるいは、他のオプションを有効にするようなオプションを選択する場合など、特定の状況下でのみ使用できます。

データ

[追加] をクリックして項目を追加します。

項目

[データ] タブで、[項目] の下で [追加] をクリックして、利用可能な [項目] の一覧を開きます。使用する項目を選択します。

また、 Expressionをクリックして数式エディターで項目を作成することもできます。項目を作成するもう 1 つの方法は、テキスト ボックスに直接数式を入力することです。この方法で追加する数式は、等号 (=) で始める必要があります。次に、計算項目の使用例を示します。

=If (Week < 14, Week, 'Sales')

[追加] が淡色表示されている場合は、項目を追加できません。

  • <Field name>

    項目: 項目名をクリックして、項目設定を開きます。

    項目を削除する場合は、ダイアログで項目をロングタッチ/右クリックして、 Deleteを選択します。または、項目をクリックし、 Deleteをクリックします。

    • 項目: アセット パネルの [項目] から項目を追加してある場合は、その項目名が自動的に表示されます。3 をクリックして、数式エディタを開きます。

    • ラベル: 項目のラベルを入力します。
    • 値を null含める: 選択すると、すべての null 軸のメジャー値がまとめられ、1 つの軸アイテムとしてビジュアライゼーションに表示されます。null 値はすべて、空白またはダッシュ (-) で表示されます。
  • 代替値を追加: 代替項目はビジュアライゼーションに追加される項目ですが、視覚的な探索の間に表示される項目の切り替えをユーザーが行うまで表示されません。

ヒストグラムの設定

  • : [] は [自動] または [カスタム] に設定できます。

    [自動] は、現在のデータ選択に基づいて、最適な数の棒にデータを分割します。その他の設定を行う必要はありません。この計算は、スタージェスの公式に基づきます。

    [カスタム] では、データを棒に分割する方法を定義できます。

  • 棒の数: [最大数] は、データを分割する棒の数に設定します。
  • 棒の幅 (X 軸): [] を設定して各棒の幅を定義します。これは X-軸の値に基づきます。

    棒をオフセットするには、[オフセット] 設定を変更します。

    Example:  

    [] を 2 に設定して、[オフセット] 設定をデフォルトの 0 のままにすると、棒は 0 から 2、2 から 4、4 から 6 などに定義することができます。[オフセット] を 1 に変更すると、棒は -1 から 1、1 から 3、3 から 5 などに定義されます。

  • ユニーク値のみカウント: 重複する値を除外する場合にこれを選択します。

拡張機能

  • データの処理: ゼロ値を含める: オフのままにすると、値「0」を持つメジャーはプレゼンテーションに含まれません。メジャー値が複数の場合、プレゼンテーションから除外されるには、すべてのメジャー値が値「0」である必要があります。

    • 演算実行条件:  このテキスト項目で数式を指定して、オブジェクトが表示されるために満たす必要がある条件 (真) を設定します。値は、計算式として入力できます。例: count(distinct Team)<3。条件が満たされない場合は、[表示されたメッセージ] に入力されたメッセージまたは数式が表示されます。

    演算実行条件は、チャートやテーブルが非常に大きく、ビジュアライゼーションの応答が遅い場合に便利です。演算実行条件は、たとえば、ユーザーが選択を適用してデータを処理できるレベルにフィルタリングするまでは、オブジェクトが表示されないようにするといった場合に役立ちます。

  • 基準線:基準線を追加: クリックすると新しい基準線が追加されます。

    • 表示: 選択すると基準線が表示されます。
    • ラベル: 基準線のラベルを入力します。
    • : 色の選択機能で基準線とラベルの色を選択します。
    • 基準線の数式: 基準線の値または数式を入力します。 3 をクリックして、数式エディタを開きます。
  • Delete: クリックすると基準線が削除されます。

スタイル

基本設定

  • タイトルの表示:  すべてのビジュアライゼーションは、既定で「オン」になっていますが、フィルター パネル、KPI、およびテキストと画像ビジュアライゼーションは例外です。

    [タイトル]、[サブタイトル]、[脚注] を入力します。デフォルトでは、文字列はテキスト文字列として解釈されます。ただし、数式、あるいはテキストと数式の組み合わせをテキスト項目として使用することもできます。文字列の先頭に等号 (=) が付いている場合、この文字列に数式が含まれていることを意味します。

    数式エディターを使用して数式を作成する場合は、 Expressionをクリックします。

    Example:  

    ここで、引用符を含む文字列 'Sales: ' & Sum(Sales) が使用されていると仮定します。

    デフォルトでは、文字列はテキスト文字列として解釈され、例のように表示されます。ただし、='Sales: ' & Sum(Sales) のように文字列の先頭に等号を付けると、この文字列は数式として解釈されます。出力は Sales: <value of expression>のようになり、<value of expression> は計算値です。

  • 詳細を表示: 説明、メジャー、およびディメンションなどの詳細を表示するようユーザーが選択できるようにする場合に、[表示] に設定します。

代替ステート

  • State: Set the state to apply to the visualization. You can select:

    • Any alternate state defined in Master items.
    • <inherited>, in which case the state defined for the sheet is used.
    • <default state>, which represents the state where no alternate state is applied.

    For more information about alternate states, see 代替ステートを使用した比較分析.

プレゼンテーション

グリッド線の間隔: 水平方向のグリッド線をカスタマイズする場合は [カスタム] に設定します。以下から選択できます。[なし]、[標準]、または [狭い]。

値ラベル: 既定では、オフです。[自動] 設定では、十分なスペースがある場合に値ラベルが表示されます。

  • : ヒストグラムの棒の色のみ設定できます。
  • Y 軸: 頻度 [自動] に設定すると、十分なスペースがある場合にはラベルが表示されます。
    • ラベルとタイトル: ラベルとタイトルの表示内容を選択します。
    • 位置: 頻度軸の表示場所を選択します。

    • メモリ: 頻度軸の目盛線の間隔を設定します。

    • [範囲]: 最小値、最大値、または両方を設定します。最小値は最大値を超えてはなりません。値に数式を使用することもできます。

    • ラベル: 頻度軸のラベルを設定します。

  • X 軸: <Field>:
    • ラベルとタイトル: ラベルとタイトルの表示内容を選択します。
    • 位置: 項目軸の表示場所を選択します。