フィルタ パネルのプロパティ

ビジュアライゼーションのプロパティ パネルは、 Editツールバーで [編集] をクリックし、編集するビジュアライゼーションをクリックして開きます。

プロパティ パネルが非表示になっている場合は、右下にある open right panelをクリックして開きます。

注: ビジュアライゼーションの右上に Linked Objectが表示されている場合、そのビジュアライゼーションはマスター アイテムにリンクされています。リンクされたビジュアライゼーションは編集できませんが、マスター アイテムは編集可能です。また、ビジュアライゼーションのリンクを解除すれば編集できるようになります。

データ

[追加] をクリックして軸を追加するか、項目から軸を作成します。淡色表示されている場合、このオプションは利用できません。

また、 Expressionをクリックして数式エディターで軸を作成することもできます。マスター アイテムにリンクされている軸を編集するには、まずリンクを解除する必要があります。 軸を作成するもう 1 つの方法は、テキスト ボックスに直接数式を入力することです。この方法で追加する数式は、等号 (=) で始める必要があります。計算軸の例を以下に示します。

=If (Week < 14, Week, 'Sales')

[追加] が淡色表示されている場合は、軸を追加できません。

軸については、以下のプロパティを使用できます。

  • <軸名>: 軸の名前をクリックして、軸の設定を開きます。 軸を削除する場合は、ダイアログで軸をロングタッチ/右クリックし、 Deleteを選択します。または、軸をクリックして、 Deleteをクリックします。
    • : マスター アイテムの場合のみ表示されます。マスター アイテムにリンクされている軸を編集するには、まずリンクを解除する必要があります。
    • 項目: アセット パネルの [項目] から項目を追加してある場合は、その項目名が自動的に表示されます。3 をクリックして、数式エディタを開きます。
    • タイトル: 軸のタイトルを入力します。 アセット パネルの [項目] から項目を追加してある場合は、その項目名が自動的に表示されます。

軸をドラッグすれば、ビジュアライゼーションでの軸の表示順序を設定できます。順番を並べ替えるには、バーのドラッグ (o) を使用します。

ソート

デフォルトでは、軸は追加された順番にソートされ、最も直近に追加された軸が最後に表示されます。フィルター パネルの場合は、[データ] セクションで [] にある軸のソート順を変更します。軸をドラッグして、優先順位を変更します。[ソート] セクションで、軸の内部ソートの順番を変更できます。

データのタイプに応じて、最も一般的な方法で各軸は内部でソートされます。数値は数値順で昇順にソートされます。テキストはアルファベット順で昇順にソートされます。軸の内部ソートを変更したい場合は、ソート ボタンをクリックしてください。以下のリストは、内部ソートの優先順とソートのオプションを示しています。ソート順は、[昇順] または [降順] のいずれかです。

  • 数式によるソート: ソートで使用する数式を入力します。軸でのみ使用できます。
  • 頻度でソート: フィルター パネルでのみ利用できます。
  • [数値によるソート]
  • [アルファベット順でソート]

また、[カスタム] に切り替え、すべてのソート オプションを選択解除することにより、ロード順序によってソートすることができます。

項目のカスタム順序を設定している場合、そのカスタム順序は [ソート] で選択されているすべての内部ソート順序より優先されます。詳しくは「軸の値の順序のカスタマイズ」を参照してください。

スタイル

基本設定

  • タイトルの表示: すべてのビジュアライゼーションは、既定で [オン] になっていますが、フィルター パネル、KPI、およびテキストと画像ビジュアライゼーションは例外です。

    [タイトル]、[サブタイトル]、[脚注] を入力します。デフォルトでは、文字列はテキスト文字列として解釈されます。ただし、数式、あるいはテキストと数式の組み合わせをテキスト項目として使用することもできます。文字列の先頭に等号 (=) が付いている場合、この文字列に数式が含まれていることを意味します。

    数式エディターを使用して数式を作成する場合は、 Expressionをクリックします。

    Example:  

    ここで、引用符を含む文字列 'Sales: ' & Sum(Sales) が使用されていると仮定します。

    デフォルトでは、文字列はテキスト文字列として解釈され、例のように表示されます。ただし、='Sales: ' & Sum(Sales) のように文字列の先頭に等号を付けると、この文字列は数式として解釈されます。出力は Sales: <value of expression>のようになり、<value of expression> は計算値です。

  • 詳細を表示: 説明、メジャー、およびディメンションなどの詳細を表示するようユーザーが選択できるようにする場合に、[表示] に設定します。

代替ステート

  • State: Set the state to apply to the visualization. You can select:

    • Any alternate state defined in Master items.
    • <inherited>, in which case the state defined for the sheet is used.
    • <default state>, which represents the state where no alternate state is applied.

    For more information about alternate states, see 代替ステートを使用した比較分析.