変数の概要

Qlik Senseの変数は、数値や英数字などの静的な値または計算を格納するコンテナです。アプリで変数を使用する場合、変数の値を変えると、その変数が使用されているすべての箇所に変更が反映されます。 変数は、変数の概要で定義するか、データ ロード エディターを使用してスクリプト内に定義します。データ ロード スクリプトで Let または Set ステートメントを使用して、変数の値を設定します。

詳しくは「数式での変数の使用」と「データ ロード エディタでの変数の使用」を参照してください。

シートの編集時に編集バーの をクリックすることにより、[変数の概要] Variablesを開きます。

変数一覧には、数式で使用できるすべての変数が一覧表示されます。数式を使用することで、アプリ内のデータに基づいた計算が可能になります。 数式を使用すると、変数の代わりにその値が使用されます。変数では、大文字と小文字が区別されます。

注: 変数は、変数の概要を使用して定義するか、データ ロード エディタを使用してスクリプト内に定義します。
変数「My variable」を選択した状態の変数の概要。

Variables overview

A: 変数の新規作成

[新規作成] を使用して新しい変数を作成します。

詳しくは「変数の作成」を参照してください。

B: 詳細

詳細を表示する変数の名前をクリックし、削除ボタンと編集ボタンを表示します。

C: Delete

を使用して Deleteを使用して変数を削除します。 スクリプトに定義されていない変数のみを使用できます。

詳細については、「変数の削除」を参照してください。

D: [編集]

を使用して Editを使用して変数を編集します。 スクリプトに定義されていない変数のみを使用できます。

E: 定義

選択した変数の定義。オプション。

F: 説明

選択した変数の説明。オプション。

G: タグ

選択した変数に適用されているタグ。オプション。

H: Indications (指摘)

Scriptは、変数がスクリプト内に定義されていることを示します。

詳細については、「データ ロード エディタでの変数の使用」を参照してください。

I: 閉じる

変数の概要を閉じます。