選択ツールの使用

選択ツールにはアプリの軸と項目すべての概要が表示されます。また、選択されたデータのより詳細なビューが表示されるため、使用されていない軸の関連性を調べることができます。

分析中は、選択バーの右側にある選択ツールを利用できます。をクリックして、 選択ツールを開きます。

選択ツールは[選択] と [アプリ軸] の 2 つのセクションに分かれています。選択セクションには、アクティブな選択データを持つ項目が表示されます。アプリ軸セクションには、アクティブな選択データを持たない軸が表示されます。両セクションともアルファベット順にソートされます。[項目を表示する] を選択すると、アプリにロードされたものの軸として使用されていないすべての項目が [アプリ軸] セクションに表示されます。

[選択] と [アプリ軸] の 2 つのセクションを表示する選択ツール。

Selections tool view.

選択の実行とクリア

選択は連続して行うことができますが、選択を確定するまで軸は [選択] に移動しません。をクリックするか、 Confirm をクリックするか、リストの外側 (ただし選択ツールのエリア内) をクリックして確定します。ツールバーをクリックすると、選択ツールが閉じます。

[選択] で、 Cancelをクリックすると、項目内の選択をクリアできます。選択をクリアした項目は [アプリ軸] セクションに移動します。

選択ツールでも、選択バーのオプション (戻る、進む、選択をすべてクリアする) を使用できます。また、それぞれの軸では通常のリスト オプション (選択メニュー、選択をクリア、選択のキャンセル、選択の確認、検索) を使用できます。

[アプリ軸] セクション内での検索

[アプリ軸] セクションには、軸と項目が多数ある場合に便利な検索ボックスがあります。項目と軸のタイトルで検索します。検索文字列としては 1 語以上の単語または単語の一部を使用できます。検索では、大文字と小文字は区別されず、完全に一致する文字列だけが検索されます。"numbers" で検索しても "number" は見つかりませんが、"mbe" で検索すると見つかります。