スマート検索の使用

スマート検索は Qlik Sense のグローバル検索ツールで、これによりアプリ内の任意のシートからアプリ内のデータ セット全体を検索できます。スマート検索は、 Selection searchをクリックすることにより、シートの選択バーから利用できます。

アプリ内で任意のシートの全データ セットを検索できる、スマート検索フィールド。

Smart search field.

注:

スマート検索ではテキスト検索のみがサポートされています。引用符以外の検索演算子はサポートされていません。

[選択の適用] で結果をクリックすると、結果が非表示となって選択が適用されます。

スマート検索は、シート上のデータの分析中に使用できます。データ結果を使用して、データ内の関連性を見つけたり、選択したりすることができます。

[Insights] (インサイト) をクリックするとアクセスできるインサイト アドバイザーを使用し、シート内のビジュアライゼーションのデータを検索できます。インサイト アドバイザーにより、データ検索に基づいて新しいビジュアライゼーションを生成することもできます。

詳しくは「インサイト アドバイザーを使用した、データからのビジュアライゼーションの作成」を参照してください。

テーブルやフィルター パネルなどの選択およびビジュアライゼーション内で検索することもできます。

詳しくは「選択またはビジュアライゼーション内での検索」を参照してください。

注:

インサイト アドバイザーは、マルチクラウド環境からは使用できません。

検索時の動作

検索クエリを入力すると、Qlik Sense でデータ アイテムが検索されます。スマート検索によって項目値がフィルタリングされ、一致するアイテムが表示されます。スマート検索の方法は、次のとおりです。

  • 項目値
  • 軸の値 (マスター アイテムとして作成される軸の値も含む)
注: メジャー (メジャー値) は、スマート検索に含まれません。
「John Vegetables sugar」を検索した結果です。ここでは、用語ごとに 1 つの検索クエリが生成されています。

Smart search result.

A: 検索フィールド

検索用語をスペースで区切ります。単語を 1 つの検索用語に連結するには、“mountain bike”のように引用符を使用します。検索フィールドの下に、推奨される検索文字列が表示されます。

B: 選択の適用

アプリ データからの検索結果が、1 行に 1 つずつ表示されます。

結果をさらに表示するには、[さらに表示] をクリックします。

詳細については、「検索結果を使って選択を変更する」を参照してください。

C: 検索結果用語の色分け

見つかった検索用語ごとに、色コードが割り当てられます。部分一致と完全一致が表示されます。

検索フィールドの右側のキャンセルアイコンをクリックすることにより、 Close検索フィールドをクリアできます。検索アイコンをクリックして スマート検索を閉じます。

検索用語は常に、データベース内の語句の先頭から比較されます。「read」を検索すると「bread」とは一致しませんが、「reader」と「Reading」には一致します。検索用語はそれぞれ色分けされるため、結果がわかりやすくなります。検索用語が 6 個を超える場合は、同じ色が再度使用されます。