データ型変換変数

データ型変換変数はシステムで定義されます。つまり、新しいアプリが作成される際に、オペレーティング システムが現在の地域設定に従って自動的に生成されます。現在の地域設定は、Qlik Sense Desktopではコンピュータのオペレーティング システムの設定が使用され、Qlik SenseではQlik Senseがインストールされているサーバーの設定が使用されます。

データ型変換変数は、新しい Qlik Sense アプリのスクリプトの最上部に含まれており、スクリプトを実行する際にオペレーティング システムのデフォルト設定の代替として使用されます。データ型変換変数は自由に、削除や編集、複製が可能です。

ヒント: 特定のロケールでアプリを作成する場合、最も簡単な方法は、おそらく、オペレーティング システムに必要なロケール設定が適用されているコンピューターで Qlik Sense Desktop を使用してアプリを作成する方法です。このようにすることで、アプリにはそのロケールの適切な地域設定が含まれます。また、さらなる開発のために Qlik Sense サーバーにアプリを移動することもできます。

各関数のドロップダウンを使用すると、その関数の簡単な説明や構文を確認できます。詳細を表示するには、構文の説明にある関数名をクリックします。

通貨書式

数値書式

時間書式