addmonths - スクリプトおよびチャート関数

この関数は、startdate 後の n か月後の日付、またはn が負の場合には startdaten か月前の日付を返します。

Syntax:  

AddMonths(startdate, n , [ , mode])

Return data type: dual

AddMonths 関数は、文字列と数値の両方が指定されたデュアル値を返します。この関数は、入力式の数値を取得し、数値を表す文字列を生成します。文字列が表示されます。数値は、あらゆる数値計算とソートに使用されます。

Arguments:  

引数 説明
startdate タイムスタンプの開始日。例: '2012-10-12'
n 正または負の整数の月数。
mode 該当する月が、その月の始めを基準として追加されるのか、または終わりを基準として追加されるのかを指定します。既定のモードは 0 で、月の始めを基準として追加されます。月の終わりを基準として追加する場合は、モードを 1 に設定します。モードが 1 に設定されていて、入力日付が 28 日以降の場合、関数では開始日付の月の終わりに到達するまでの残りの日数を確認します。返される日付では、月の終わりに達するまでと同じ日数が設定されます。