TextCount - スクリプト関数

TextCount() は、group by 句で定義された数式で集計される数値以外の項目値の数を返します。

Syntax:  

TextCount ( [ distinct ] expr)

Return data type: integer

Arguments:  

引数 説明
expr Expression メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
distinct 数式の前に distinct がある場合、重複はすべて無視されます。

Examples and results:  

アプリにスクリプト例を追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をアプリのシートに追加して結果を表示します。

下図の結果列と同じ外観にするには、プロパティ パネルで [ソート] セクションの設定を [自動] から [カスタム] に変更し、数値とアルファベットのソート順の選択を解除します。

結果

Temp:

LOAD * inline [

Customer|Product|OrderNumber|UnitSales|UnitPrice

Astrida|AA|1|4|16

Astrida|AA|7|10|15

Astrida|BB|4|9|9

Betacab|CC|6|5|10

Betacab|AA|5|2|20

Betacab|BB||| 25

Canutility|AA|||15

Canutility|CC| ||19

Divadip|CC|2|4|16

Divadip|DD|3|1|25

] (delimiter is '|');

TextCount1:

LOAD Customer,TextCount(Product) as ProductTextCount Resident Temp Group By Customer;

 

Customer
Astrida
Betacab
Canutility
Divadip

ProductTextCount
3
3
2
2
LOAD Customer,TextCount(OrderNumber) as OrderNumberTextCount Resident Temp Group By Customer;

Customer
Astrida
Betacab
Canutility
Divadip

OrderNumberTextCount
0
1
2
0