ハブからのアプリの公開

作成したアプリを公開アクセス権のある任意のストリームに公開できます。アプリをストリームに既に公開している場合、公開アクセス権のあるストリーム間でアプリを移動できます。

アプリをストリームに公開すると、アプリがストリームに追加されます。そのアプリへのリンクは [公開済み] アプリにも追加され、 Streamのマークが付いてアプリがストリーム内に存在することが示されます。これによって、公開済みの作業を追跡したり、公開済みのアプリの移動や複製などのタスクをより簡単に実行したりできるようになります。アプリを公開するときに、Qlik Sense 管理者が作成したアプリのプロパティをアプリに追加したり、削除したりすることもできます。アプリのプロパティについては、「アプリのプロパティの管理」を参照してください。

アプリを公開するか、ストリーム間で公開済みのアプリを移動すると、そのアプリが属するストリームへのアクセス権を持つユーザーは、アプリのシートとストーリーを使用できるようになります。

公開済みのアプリは、QMC からのみ削除できます。詳細については、「QMCからのアプリの公開」を参照してください。

警告:

制限されているデータを公開しないようにするには、アプリを公開する前に、セクション アクセス設定が含まれるすべての添付ファイルを削除します。

添付したファイルは、アプリが公開されるときに含まれます。公開済みアプリがコピーされると、添付ファイルがそのコピーに含まれます。ただし、添付したデータ ファイルにセクション アクセス制限が適用されている場合、ファイルがコピーされるときにセクション アクセス設定が保持されません。そのため、コピーしたアプリのユーザーは、添付ファイルのすべてのデータを表示することができます。

次の手順を実行します。

  1. ハブの [作業] で、アプリをロングタッチ/右クリックして、次のいずれかの操作を実行します。 

    • [公開] を選択する。
    • [移動] を選択する。
  2. [ストリーム名] ドロップダウン リストで、アプリの公開先のストリームを選択します。

    注: 1 つのストリームのみに対するアクセス権がある場合は、ドロップダウンが表示されません。
  3. [アプリ名] 項目に名前を入力します (オプション)。項目に、ハブから選択したアプリの名前が表示されます。

    注: 同じ名前を持つ多数のアプリをストリームに公開することは可能です。同じ名前を持つ公開済みのアプリが 1 つのストリーム内にある場合は、Qlik Sense がそれを示します。
  4. アプリのプロパティを追加する場合は、[管理] をクリックしてアプリのプロパティを選択し、値を選択して [適用] をクリックします。
  5. [公開] または [移動] をクリックします。

公開されたアプリが選択したストリームに存在するようになりました。公開されたアプリ用のエントリが [公開済み] アプリに追加され、公開されたアプリをその新しいストリームにリンクします。

現在アプリが表示されているストリームにアプリを公開または移動すると、それが通知され、そのストリームのアプリ リストを更新できます。