公開

公開は、アプリのコンテンツを共有する 1 つの方法です。アプリはストリームに公開します。

ストリームへのアクセス権を持つ場合、アプリでビジュアライゼーションを操作することによって、データを分析できます。

アプリはコレクションに公開することもでき、Qlik Sense Enterprise 展開の外部でユーザーが使用できるようにします。

通常は、設計の作業を停止してアプリを公開します。アプリの設計には、ビジュアライゼーションの作成およびアプリのプレゼンテーションの整理が含まれます。公開済みのアプリを再公開して、新しいコンテンツで更新できます。

アプリを公開すると、ロックされます。公開済みのシートやストーリーを他のユーザーが編集することはできませんが、データの操作と分析のために使用することは可能です。新しいシートとストーリーを、公開済みアプリのベース シートおよびストーリーに含めるよう承認することができます。これによって、公開済みアプリのコンテンツをコラボレーションして設計できます。

Qlik Sense Enterprise では、管理者は Qlik Management Console からアプリを公開できます。アプリの所有者は、アプリをハブから公開したり、公開済みのアプリをストリーム間で移動したりすることもできます。公開されたすべてのアプリは、Qlik Sense 管理者が設定した配布ポリシーによって評価されます。これらのポリシーによって、アプリを Qlik Sense Enterprise クラウド ハブで使用できるように配布するかどうかを決定します。

さらに、Qlik Sense Enterprise では、レポートを Qlik NPrinting から Qlik Sense Enterprise ハブに配布できます。QlikView ドキュメントへのリンクも Qlik Sense Enterprise ハブで公開できます。

See also:

 

Qlik Sense Enterprise ストリームへの公開

Qlik Sense Mobile の Qlik Sense Enterprise ストリームへの公開

クラウド ハブのコレクションへの公開

Qlik Sense プラットフォーム間での公開

Qlik Sense の Qlik NPrinting レポート

Qlik Sense 内の QlikView ドキュメント

Qlik Sense Cloud のヘルプ (英語のみ)