データ マネージャーでクロスタブのデータのピボットを無効にする

クロスタブは、ヘッダー データが直交する 2 つのリストに値のマトリックスを持つ一般的なテーブルの種類です。他のデータ テーブルにデータを関連付けたい場合は、必ずしも最適なデータ形式ではありません。このトピックでは、クロスタブ形式でロードされたデータのピボットを無効にする方法、つまりデータ マネージャーを使用して、データの一部を行と入れ替える方法を説明します。

クロスタブ形式でロードされたデータのピボットを無効にします。つまり、テーブルの一部を行と入れ替えます。

From crosstab to unpivoted crosstab.

クロスタブとは?

クロスタブには直接的な方法で読み取るいくつかの行見出しと、値のマトリクスが含まれます。この場合、行見出しとなる列 Year が 1 つあり、1 か月当たりの販売データのマトリクスがあります。

クロスタブ
Year Jan Feb Mar Apr May Jun
2008 45 65 78 12 78 22
2009 11 23 22 22 45 85
2010 65 56 22 79 12 56
2011 45 24 32 78 55 15
2012 45 56 35 78 68 82

このテーブルを単純に Qlik Sense にロードすると、Year (年) に 1 つ、そして各月に 1 つずつ項目が生成されます。ただし、通常はこのようなテーブルではデータを適切に管理できません。3 つの項目を生成したいはずです。

  • 行見出しとなる項目、この場合では Year には、上のテーブルで緑色の印が付いています。
  • この場合では月の名前 Jan - Jun で表される属性項目には、黄色の印が付いています。この項目には、Month と名前を付けることができます。
  • データ項目には、青色の印が付いています。この場合、値は販売データを表すので、Sales と名前を付けることができます。

これをするには、データマネージャー テーブル エディタで Unpivot オプションを使用し、Jan - Jun 項目を選択します。これにより、次のテーブルが作成されます。

ピボットが無効化されたテーブル
Year Month Sales
2008 Jan 45
2008 Feb 65
2008 Mar 78
2008 Apr 12
2008 May 78
2008 Jun 22
2009 Jan 11
2009 Feb 23
... ... ...

クロスタブ テーブルのピボットを無効にしてフラットなテーブルにする

次の手順を実行します。

  1. クロスタブ形式でデータ ファイルをアプリに追加します。
  2. データ マネージャーでテーブルの @ をクリックしてテーブル エディタを開きます。
  3. [ピボットを無効] をクリックします。
  4. 行に入れ替えをする項目を選択します。ピボットが無効になっていない見出し項目が少なくとも 1 つは必要です。選択には、2 つの方法があります。

    • 入れ替える項目の項目ヘッダーをクリックします。見出し項目として残す項目は選択しないでください。
    • 見出し項目として残す項目の項目ヘッダーをクリックし、フィールド メニューから [選択を反転] を選択します。入れ替える項目が多い場合はこれが最も簡単な方法です。
  5. [ピボットの無効を適用] をクリックします。

    選択されたデータが 2 つの項目 Tablename. [Attribute field] と Tablename. [Data field] の行に入れ替えられます。

  6. 上述の例のように Month、[Attribute field] を意味を持つ名前に変更します。
  7. 上述の例のように Sales、[Data field] を意味を持つ名前に変更します。

クロス集計はピボットが無効になりフラットな形式になりました。これでアプリの他のデータとの関連付けがしやすくなります。

元のクロスタブ テーブルに戻す

テーブル エディタの [ピボットを無効を取り消す] をクリックして、データ ソースの元のクロスタブ形式に戻すことができます。アプリの他のデータと関連付けをしていた場合は、その関連付けは削除されます。