テーブル エディタでデータを関連付ける

[データ マネージャー] テーブル エディタの項目メニューの [関連付け] により、他のテーブルの項目とのカスタム関連付けを作成することができます。

多くの場合では、[関連付け] ビューで関連付けを管理するのが簡単な方法です。

通常これらは、提案に従わずにカスタム関連付けを作成することが必要となる場合に最も一般的なケースです。

  • テーブルを関連付ける項目はわかっていても、このテーブル ペアのスコアが低すぎるため、提案の一覧に表示されません。

    各テーブルの単一項目に基づいて関連付けを作成します。

  • テーブルには共通項目が複数含まれており、それらの項目を使用して関連付けを作成する必要があります。

    複合キーを作成します。

単一項目を使用した関連付けの作成

2 つのテーブルに関連データが含まれていても、その関連付けが提案として表示されない場合は、テーブル エディタでカスタム関連付けを定義することができます。これにより、テーブルを関連付けるキー項目が作成されます。

次の手順を実行します。

  1. データ マネージャーの概要で、関連付けるいずれかのテーブルの @ をクリックします。

    テーブル エディタが開きます。

  2. キー項目で使用する項目の項目メニューで、[関連付け] を選択します。

    [テーブルの関連付け] エディタが開き、左側のテーブルで選択した項目のプレビューが表示されます。ここで、このテーブルと関連付ける項目を右側のテーブルで選択する必要があります。

  3. [テーブルの選択] をクリックし、関連付けるテーブルを選択します。
  4. P をクリックし、関連付ける項目を選択します。

    右側のテーブルに、選択した項目のプレビュー データが表示されます。ここで、左側と右側のテーブルを比較し、含まれるデータが一致していることを確認できます。F をクリックしてテーブル内を検索すると、より簡単にデータを比較できます。

  5. 作成されるキー項目の名前を [名前] に入力します。

    どちらかのテーブルに含まれている既存の項目と同じ名前を使用することはできません。

  6. [関連付け] をクリックします。

これで、キー項目を使用して、選択した 2 つの項目によってそれらのテーブルが関連付けられます。これは で示されます。 をクリックすると、関連付けを編集または解除するためのオプションが表示されます。

複合キーの作成

関連付けを作成できる複数の共通項目が 2 つのテーブルに含まれている場合は、Qlik Sense により、関連付けを処理するための合成キーが作成されます。これを修正するためにお勧めするのは、複合キーを作成する方法です。これは、関連付ける必要があるすべての項目を含んだカスタム関連付けを作成することによって行うことができます。

次の手順を実行します。

  1. データ マネージャーの概要で、関連付けるいずれかのテーブルの @ をクリックします。

    テーブル エディタが開きます。

  2. 複合キー項目に含めるいずれかの項目の項目メニューで、[関連付け] を選択します。

    [テーブルの関連付け] エディタが開き、左側のテーブルで選択した項目のプレビューが表示されます。

  3. P をクリックして、複合キー項目に含める他の項目を追加します。

    プレビューが更新され、複合キーのデータが表示されます。

    ここで、右側のテーブルで、このテーブルで関連付ける項目を選択する必要があります。

  4. [テーブルの選択] をクリックし、複合キー項目に含める項目を追加します。
  5. P をクリックし、関連付ける項目を選択します。項目は、左側のテーブルの場合と同じ順序で選択する必要があります。

    キーのデータを解釈しやすくするため、区切り文字を追加することもできます。

    右側のテーブルに、選択した項目のプレビュー データが表示されます。

    ここで、左側と右側のテーブルを比較し、含まれるデータが一致していることを確認できます。F をクリックしてテーブル内を検索すると、より簡単にデータを比較できます。

  6. 作成されるキー項目の名前を [名前] に入力します。
  7. [関連付け] をクリックします。

これで、複合キー項目を使用して、選択した項によってそれらのテーブルが関連付けられます。

制限事項

複合キーの使用に関しては、制限事項がいくつかあります。

  • 連結テーブルで複合キーを作成することはできません。
  • 複合キーで計算項目を使用すると、その計算項目の数式は複合キーの数式で展開されます。計算項目への参照は存在しないため、計算項目を編集しても複合キーは更新されません。

関連付けの編集

関連付けを編集し、名前を変更したり、関連付けられた項目を変更したりすることができます。

次の手順を実行します。

  1. をクリックして関連付けメニューを表示します。
  2. @ をクリックして関連付けを編集します。

[テーブルの関連付け] エディタが開き、関連付けの名前を変更したり、関連付けられた項目を変更したりすることができます。

関連付けの解除

2 つのテーブル間で不要な関連付けを作成した場合は、関連付けを解除できます。

次の手順を実行します。

  1. をクリックして関連付けメニューを表示します。
  2. をクリックして関連付けを解除します。

これで、テーブルの関連付けが解除されます。