データ ロード エディタ

データ ロード スクリプトは、アプリをデータ ソースにつなぎ、データ ソースからアプリにデータをロードします。データがロードされると、アプリで分析できます。データ ロード スクリプトの作成、編集、実行には、データ ロード エディタを使用します。

スクリプトは手動で編集することも、またはデータ マネージャーによって生成されるようにもできます。複雑なスクリプト ステートメントを使用する必要がある場合は、手動で編集する必要があります。

データ ロード エディターの例。

Example of the data load editor.

A: ツールバー

ツールバーには、ナビゲーション メニューやグローバル メニュー、その他の便利なコマンドが含まれています。

ツールバーのオプション
UI 項目 説明

ナビゲーション オプションを含むグローバル メニュー、およびアプリで実行可能なアクション。

タブ画面のブラウジングとグローバル メニューの詳細については、「タブを使用したナビゲーション」を参照してください。

データ

タブをクリックしてデータ タスクを実行します。たとえば、データ マネージャーデータ ロード エディターにデータをロードしたり、データ モデル ビューアーでデータ モデルを表示したりすることができます。

ーユーザーがアプリの所有者でない限り、公開されたアプリに [データ] タブは表示されません。その場合は、データ モデル ビューアーを開くことだけが可能です。

分析

タブをクリックして分析タスクを実行します。たとえば、テーブルとチャートを作成または操作できます。

ストーリー

タブをクリックしてアプリでストーリーを構築します。

More アプリ情報を表示または非表示にします。ここで、アプリ情報を編集したり、アプリ オプションを開いてアプリのスタイルを指定したりすることができます。
Debug

スクリプトのデバッグを行います。

詳細については、「データ ロード スクリプトのデバッグ」を参照してください。

Running

スクリプトを実行してデータをロードします。アプリはロード前に、自動的に保存されます。

詳細については、「スクリプト実行によるデータのロード」を参照してください。

open right panel [データ接続] パネルを開いたり、閉じたりできます。

B: データ接続

[データ接続] では、よく使用するデータ ソース (データベースまたはリモート ファイル) へのショートカットを作成して保存できます。

詳細については、「データ ソースへの接続」を参照してください。

C: テキスト エディタ

テキスト エディタでは、スクリプト コードを編集できます。スクリプトの各行には番号が振られ、スクリプトは構文のコンポーネント別に色分けされます。

テキスト エディタのツールバーには以下のコマンドが含まれています。

テキスト エディタのオプション
UI 項目 説明
Search

スクリプト内のテキストを検索して置き換えます。

Comment / Uncomment コメント/コメント解除
Indent コードのインデント
Undent コードのインデント解除
Help

構文のヘルプ モードをアクティブにします。ヘルプ モードで、エディタ内の構文のキーワード (青) をクリックすると、構文に関する詳しいヘルプにアクセスできます。

Undo 最後の変更を元に戻します (複数の操作を元に戻せます)。
Redo 最後の「元に戻す」操作を取り消します。

詳細については、「データ ロード スクリプトの編集」を参照してください。

D: セクション

読みやすく管理しやすいようにスクリプトをセクションに分けます。セクションは上から下に実行されます。

[データの追加] を使用してデータを追加した場合、データをロードするのに必要なスクリプト コードを含む [自動生成セクション] というデータ ロード スクリプト セクションが表示されます。

セクションのオプション
UI 項目 説明
Create new

新しいスクリプト セクションを作成します。

Cancel セクションを削除します。

詳細については、「スクリプト コードの整理」を参照してください。

E: アウトプット

[アウトプット] には、データ ロード中に生成された自動保存ステータスとすべてのメッセージが表示されます。