数式エディタでの作業

ビジュアライゼーションの編集時にプロパティ パネルに 3が表示されている場合、数式エディタを開き、数式を追加または編集できます。3は数式項目を意味します。3 をクリックして、数式エディタを開きます。

2 通りの方法で数式を追加できます。数式は、[項目]、[関数]、[変数] 、[set 数式] のセクションを使用し、選択を行ってそれらの選択を数式項目に挿入することによって作成可能です。数式項目に直接入力することで、挿入した式を編集し、より複雑な数式を追加できます。[元に戻す] ボタン (B) をクリックして、操作を元に戻すことができます。

[項目] を使った数式の挿入

数式エディタ ダイアログの右側にある [項目] セクションから選択することで、数式を挿入できます。

次の手順を実行します。

  1. 使用可能な項目をデータ モデルの特定のテーブルからの項目に制限する場合は、[Filter by table ] (テーブルでフィルタリング) ドロップダウン リストからテーブルを選択します。
  2. [項目] ドロップダウン リストから項目を選択します。
  3. 使用したい集計関数を選択します。使用可能な関数は、基本的な集計関数のグループになります。
  4. 集計における set 数式として現在の選択条件を挿入するには、[set 数式] チェック ボックスを使用します。現在の選択条件は、常に既定のステートに基づいています。
  5. Distinct または Total 節を集計関数とともに挿入する場合は、各節のチェック ボックスを使用します。各節は個別に使用できます。
  6. [挿入] をクリックして、数式項目に項目と関数を挿入します。

    ヒント: 集計関数を選択しない場合、項目のみが数式に挿入されます。集計関数を選択しないと、節は使用できません。
  7. [適用] をクリックして、[数式を追加] ダイアログを閉じます。

    軸やメジャーでは、軸またはメジャーの説明データを追加して続行します。

[関数] を使った関数の挿入

数式エディタ ダイアログの右側にある [関数] セクションから選択することで、複雑な集計関数を挿入できます。

  1. 使用可能な関数のリストをフィルタリングする場合は、[Function category] (関数カテゴリ) ドロップダウン リストから関数カテゴリを選択します。
  2. [関数名] ドロップダウン リストから関数を選択します。

    関数のプレビューが表示されます。

  3. [挿入] をクリックして、関数と最初の丸かっこを数式項目に挿入します。

  4. 構文に従って数式の残りを数式エディタに入力します。
  5. [適用] をクリックして、[数式を追加] ダイアログを閉じます。

    軸やメジャーでは、軸またはメジャーの説明データを追加して続行します。

[変数] を使った変数の挿入

数式エディタ ダイアログの右側にある [変数] セクションから選択することで、変数を挿入できます。

  1. 使用可能な変数のリストにシステム変数を表示させたい場合は、[システム変数を表示] チェックボックスを使用します。
  2. [変数] ドロップダウン リストから変数を選択します。

    変数の定義が表示されます (ある場合)。

  3. [挿入] をクリックして、数式項目に変数を挿入します。

  4. [適用] をクリックして、[数式を追加] ダイアログを閉じます。

    軸やメジャーでは、軸またはメジャーの説明データを追加して続行します。

set 数式の使用による set 数式の挿入

数式エディタ ダイアログの右側にある [set 数式] セクションから選択することで、set 数式を挿入できます。

  1. set 数式として、[Use current selections] (現在の選択条件を使用) または [Use bookmark] (ブックマークを使用) を選択します。

    [Use current selections] (現在の選択条件を使用) は、アプリ内で選択されている場合のみ使用できます。[Use bookmark] (ブックマークを使用) は、ブックマークが利用可能な場合のみ使用できます。[ブックマーク] ドロップダウン メニューを使用して、ブックマークを選択します。

  2. 代替ステートを定義済みの場合、set 数式が基づく代替ステートを変更できます。[代替ステート] ドロップダウン メニューから代替ステートを選択します。
  3. [挿入] をクリックして、数式項目に set 数式を挿入します。

  4. [適用] をクリックして、[数式を追加] ダイアログを閉じます。

    軸やメジャーでは、軸またはメジャーの説明データを追加して続行します。

直接入力による数式の追加または編集

次の手順を実行します。

  1. 数式項目に数式を直接入力します。

    数式に使用した項目名がチェックされ、数式の構文が検証されます。

    ヒント: 数式エディタに入力している間、数式の検証が実行されます。エラーがあると、不正確な部分についてのヒントが表示されます。ヒントの隣にあるアイコンをクリックすると追加のエラー情報を確認できます。

    数式に関数の名前を入力するとツール ヒントが開き、関数の適正な入力に役立つ情報 (引数名や修飾子など) が表示されます。

    注: 一部のチャート関数のツール ヒントには、ALL 修飾子が表示されます。ALL 修飾子は使用せず、代わりに set 数式 {1} を使用するようにしてください。

    数式エディタでは各行に番号が振られており、使用している構文がハイライトされます。

  2. [適用] をクリックして、[数式を追加] ダイアログを閉じます。

    軸やメジャーでは、軸またはメジャーの説明データを追加して続行します。

オート近プレート、評価、色分け

数式エディタへの入力時に、一致する項目、変数、関数のオートコンプリート リストから選択できるようになりました。入力を続けると、リストが絞られてきます。色分けすることで、数式のどの部分に項目や変数、関数が使用されるかが見やすくなります。

色分けは、オートコンプリート リストにも数式自体にも使用できます。

数式に追加したドル記号展開が正しい結果を出力することは、ドル記号展開プレビューで数式評価を確認することによって検証できます。

名前の解釈方法

Qlik Senseでは、変数に項目や関数と同じ名前を付けることは推奨されていません。 これを行う場合は、数式での使用方法を理解する必要があります。

Example:  

XXX は項目、変数、関数を示します。数式の作成方法に応じて、XXX はさまざまな値として解釈されます。

名前の解釈方法の例
数式 XXX の解釈
$(XXX) 変数
Count(XXX) 項目
XXX() 関数

数式に関する規則

チャートの数式には次の規則が適用されます。

  • いずれの数式も数値または文字列、あるいはこれらを組み合わせたものを返します。

  • 論理関数と演算子は、False の場合は 0、True の場合は -1 を返します。数値から文字列の変換、文字列から数値への変換は、黙示的に行われます。

  • 論理演算子と関数は、0 を False、それ以外のすべてを True と解釈します。

  • 不正なパラメータや関数の結果など、数式が正しく評価されない場合は NULL を返します。

構文に関する詳しいヘルプ

ヘルプ モードをアクティブ化するには、ヘルプ ボタン (D) をクリックします。アクティブ化すると、数式エディタ内のすべての関数がハイパーリンクのように動作します。関数をクリックすると、オンライン ヘルプ セクションへのブラウザ タブが開き、特定の関数の使用法に関する説明がすべて含まれています。関数をクリックすると、ヘルプ モードが終了します。