Direct Discovery でサポートされているデータ ソース

Qlik SenseDirect Discovery では、以下のデータ ソースを利用できます (32 ビット接続および 64 ビット接続)。

  • ODBC/OLEDB データ ソース - すべての ODBC/OLEDB ソースは、SQL ServerTeradataOracle を含めサポートされています。
  • ODBC の詳細については、「ODBC」を参照してください。

    OLE DB の詳細については、「 OLE DB」を参照してください。

  • SQL 対応のコネクタ - SAP SQL コネクタ、SQL 準拠のデータ ストア用カスタム QVX コネクタ。

32 ビットおよび 64 ビット接続の両方に対応しています。

SAP

SAP の場合、Direct DiscoveryQlik SAP SQL Connector のみと併用可能で、SET 変数には以下のパラメータが必要となります。

SET DirectFieldColumnDelimiter=' ';
SET DirectIdentifierQuoteChar=' ';
 

SAPOpenSQL を使用しており、コンマでなくスペースで列を区切ります。そのため上記の SET ステートメントは、ANSI SQLOpenSQL 間の相違に対応するために代替が行われます。

Google Big Query

Direct DiscoveryGoogle Big Query と共に使用できますが、SET 変数には以下のパラメータが必要となります。

SET DirectDistinctSupport=false;
SET DirectIdentifierQuoteChar='[]';
SET DirectIdentifierQuoteStyle='big query'
 

Google Big QuerySELECT DISTINCT や引用符で囲まれた列/テーブル名をサポートしていません。また、'[ ]' を使用する非 ANSI 引用符の設定を採用しています。

MySQL また、Microsoft Access

Direct Discovery は MySQLMicrosoft Access と共に使用できますが、これらのソースで引用符文字が使用されているため、SET 変数に次のパラメーターが必要となる場合があります。

SET DirectIdentifierQuoteChar='``';

DB2Oracle、および PostgreSQL

Direct Discovery は DB2OraclePostgreSQL と共に使用できますが、これらのソースで引用符文字が使用されているため、SET 変数に次のパラメーターが必要となる場合があります。

SET DirectIdentifierQuoteChar='""';

Sybase また、Microsoft SQL Server

Direct Discovery は SybaseMicrosoft SQL Server と共に使用できますが、これらのソースで引用符文字が使用されているため、SET 変数に次のパラメーターが必要となる場合があります。

SET DirectIdentifierQuoteChar='[]';

Apache Hive

Direct Discovery は、Apache Hive と共に使用できますが、これらのソースで引用符文字が使用されているため、SET 変数に次のパラメーターが必要となる場合があります。

SET DirectIdentifierQuoteChar='';

Cloudera Impala

Direct Discovery は、Cloudera Impala と共に使用できますが、これらのソースで引用符文字が使用されているため、SET 変数に次のパラメーターが必要となる場合があります。

SET DirectIdentifierQuoteChar='[]';

Cloudera Impala ConnectorQlik ODBC Connector Package で使用する場合、このパラメーターが必要です。DSN から ODBC を使用する場合は不要なことがあります。