MaxString - チャート関数

MaxString() は、数式または項目に含まれる文字列の値を特定し、テキスト ソート順での最後のテキスト値を返します。

Syntax:  

MaxString({[SetExpression] [TOTAL [<fld{, fld}>]]} expr)

Return data type: dual

Arguments:  

引数 説明
expr メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
SetExpression デフォルトでは、集計関数は選択されたレコード セットに対して集計を行います。Set 分析数式でレコード セットを定義することも可能です。
TOTAL

関数の引数の前に TOTAL の文字が配置されている場合、現在の軸の値に関連しているものだけでなく、現在の選択範囲内にあるすべての可能な値に対して計算が実行されます。つまりチャート軸は無視されます。

TOTAL [<fld {.fld}>] (ここで、TOTAL 修飾子の後には、1 つまたは複数の項目名のリストがチャート軸変数のサブセットとして続く) を使用して、合計絞込値のサブセットを作成できます。

集計範囲の定義

Limitations:  

数式に文字列表現の値が含まれていない場合は、NULL が返されます。

Examples and results:  

SalesGroup Amount MaxString(Team) MaxString(Date)
East 14000 Delta 2013/08/01
East 20000 Gamma 2013/11/01
East 25000 Alpha 2013/07/01
West 14000 Eta 2013/10/01
West 17000 Epsilon 2013/09/01
West 19000 Zeta 2013/06/01
West 23000 Theta 2013/12/01
結果

MaxString(Team)

Amount の 20000 には、Gamma の 2 つの値 (異なる日付) と Beta の 1 つの値、合計 3 つの値があります。このため、メジャー MaxString (Team) の結果はソートされた文字列の最大値である Gamma になります。

MaxString(Date)

2013/11/01 は、軸 Amount に関連付けられている 3 つの Date 値の最大値です。ここでは、スクリプトに SET ステートメントが含まれているものとします SET DateFormat='YYYY-MM-DD';'

例で使用されているデータ:

TeamData:

LOAD * inline [

SalesGroup|Team|Date|Amount

East|Gamma|01/05/2013|20000

East|Gamma|02/05/2013|20000

West|Zeta|01/06/2013|19000

East|Alpha|01/07/2013|25000

East|Delta|01/08/2013|14000

West|Epsilon|01/09/2013|17000

West|Eta|01/10/2013|14000

East|Beta|01/11/2013|20000

West|Theta|01/12/2013|23000

] (delimiter is '|');