RangeCorrel - スクリプトおよびチャート関数

RangeCorrel() は、2 つのデータ セットの相関係数を返します。相関係数はデータ セット間の関係を表すメジャーです。

Syntax:  

RangeCorrel(x_value , y_value[, Expression])

Return data type: 数値

データ系列は、(x,y) ペアとして入力してください。例えば、array1 (array1 = 2,6,9) と array2 (array2 = 3,8,4) の 2 種類のデータ系列を評価する場合、RangeCorrel (2,3,6,8,9,4) と入力すると、0.269 が返されます。

Arguments:  

引数 説明
x-value, y-value それぞれの値は、3 番目のオプション パラメータを持つレコード間関数によって返される単一の値または値域を表します。それぞれの値や値域は、x-value または y-values の値域に対応していなければなりません。
Expression メジャーの対象となるデータ範囲が含まれている任意の数式または項目。

Limitations:  

この関数の計算には、少なくとも 2 組の座標が必要です。

テキスト値および NULL 値、欠損値は NULL を返します。

Examples and results:  

結果

RangeCorrel (2,3,6,8,9,4,8,5)

0.2492 を返します。この関数は、スクリプトにロードしたり、数式エディタのビジュアライゼーションに追加したりすることができます。

アプリにスクリプト例を追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をアプリのシートに追加して結果を表示します。

RangeList:

Load * Inline [

ID1|x1|y1|x2|y2|x3|y3|x4|y4|x5|y5|x6|y6

01|46|60|70|13|78|20|45|65|78|12|78|22

02|65|56|22|79|12|56|45|24|32|78|55|15

03|77|68|34|91|24|68|57|36|44|90|67|27

04|57|36|44|90|67|27|57|68|47|90|80|94

] (delimiter is '|');

 

XY:

LOAD recno() as RangeID, * Inline [

X|Y

2|3

6|8

9|4

8|5

](delimiter is '|');

ID1 が軸とメジャーのテーブル: RangeCorrel(x1,y1,x2,y2,x3,y3,x4,y4,x5,y5,x6,y6)) で、RangeCorrel() 関数は、それぞれの ID1 の値に対して、6 つの x,y ペアにおける Correl 値を求めます。

ID1 MyRangeCorrel
01 -0.9517
02 -0.5209
03 -0.5209
04 -0.1599

XY:

LOAD recno() as RangeID, * Inline [

X|Y

2|3

6|8

9|4

8|5

](delimiter is '|');

RangeID が軸とメジャーのテーブル: RangeCorrel(Below(X,0,4,BelowY,0,4)) で、RangeCorrel() 関数は Below() 関数の結果を使用します。この関数は、3 つめの引数 (count)4 と設定されているため、ロードされたテーブル XY から 4 つの x-y 値を生成します。

RangeID MyRangeCorrel2
01 0.2492
02 -0.9959
03 -1.0000
04 -

RangeID 01 の値は、手入力した RangeCorrel(2,3,6,8,9,4,8,5)と同じです。RangeID のその他の値として Below() 関数が生成する一連の値は、(6,8,9,4,8,5)(9,4,8,5)、および (8,5) となり、最後の値は NULL を返します。