GetPossibleCount - チャート関数

GetPossibleCount()は、特定した項目に含まれる絞込値の数を返します。識別された項目に選択が含まれている場合は、選択された項目 (緑) がカウントされます。その他の場合は関連値 (白) がカウントされます。 .

選択が含まれている項目の場合、GetPossibleCount() を使用すると選択した項目 (緑色) の数が返されます。

Return data type: integer

Syntax:  

GetPossibleCount (field_name)

Arguments:  

引数 説明
field_name メジャー対象となるデータ範囲が含まれている項目です。

Examples and results:  

以下の例では、異なるフィルター パネルにロードされた 2 つの項目 (First nameInitials) を使用しています。

結果

JohnFirst name に選択されている場合

GetPossibleCount ([Initials])

1 (Initials には、John という First name に関連付けられている値が 1 つ存在するため)

JohnFirst name に選択されている場合

GetPossibleCount ([First name])

1 (JohnFirst name に 1 つしか存在しないため)

PeterFirst name に選択されている場合

GetPossibleCount ([Initials])

2 (Peter は Initials の 2 つの値に関連付けられているため)

First name に値が選択されていない場合

GetPossibleCount ([First name])

5 (何も選択されていないが、First name に固有の値が 5 つ存在するため)

First name に値が選択されていない場合

GetPossibleCount ([Initials])

6 (何も選択されていないが、Initials に固有の値が 6 つ存在するため)

例で使用されているデータ:

Names:

LOAD * inline [

"First name"|"Last name"|Initials|"Has cellphone"

John|Anderson|JA|Yes

Sue|Brown|SB|Yes

Mark|Carr|MC |No

Peter|Devonshire|PD|No

Jane|Elliot|JE|Yes

Peter|Franc|PF|Yes ] (delimiter is '|');