Qlik Sense February 2019 の新機能

操作性の改善

単ページ アプリケーション フロー

Qlik Senseに、単ページ アプリケーション フローが表示されるようになりました。ページをリロードしなくても、データ、分析、ストーリーのスペース間を移動できます。これによりエンド ユーザーや開発者は、自然な流れでページ内を移動し、少ないクリック数で素早くインサイトにたどり着けます。

高度なオーサリング

ドル記号展開プレビュー

数式エディタでは、ドル記号展開を使用して計算結果を評価できるようになりました。変数を使用する開発者は、数式全体のコンテキストにおける変数の役割を確認できます。これにより、ネストされた数式に誤った構文が入り込む可能性を低減しています。

数式エディタ

ビジュアライゼーションとマッピング

Visualization Bundle

Visualization bundle は、次のチャートを含む新しいチャート セットです。

  • ファネル チャート: 各段階でのメジャーの進行状況を表示します。
  • サンキー グラフ: メジャーをフローとして表示し、1 つ以上の段階においてメジャーがどのように異なるカテゴリに分割されるかを示します。
  • レーダー チャート: 軸用と領域用の 2 本のカテゴリ軸を使用して、ポーラー チャートにメジャー分散を表示します。
  • ヒート マップ グラフ: 2 本の軸と 1 つのメジャーでカラー値のマトリックスを表示します。
  • マルチ KPI: 標準 KPI オブジェクトよりもオプションとカスタマイズの数が多いメジャーを表示します。
  • ワード クラウド グラフ: テキスト軸で最も多い出現文字列をハイライトします。
  • ネットワーク グラフ: ノードと親の軸およびリンク値のメジャーでグラフをビジュアライゼーションします。

Visualization bundle

Dashboard Bundle

既存のバンドルに拡張が 1 つ追加されました:

  • [共有] ボタン: 現在のシートおよび選択との共有可能なアプリ リンクを作成します。

Dashboard bundle

マップ背景レイヤーでの WMS への対応

マップ チャートでは、サードパーティの WMS サーバーを背景レイヤーとして使用できるようになりました。WMS 背景レイヤーはウィザード インターフェースを介して追加され、WMS 背景を容易に設定できます。

マップ

Qlik Sense Mobile

Qlik Connectors

統合 Single Sign On (SSO) 対応

Qlik ODBC Connector Package の 3 つのドライバが、ベータレベルの single sign-on (SSO) (MS SQL Server、Apache Hive および Cloudera Impala) に対応するようになりました。

Configuring SSO for the Microsoft SQL Server connector (英語のみ)

 Create a Microsoft SQL Server connection (英語のみ)

 Configuring SSO for the Apache Hive connector (英語のみ)

 Create an Apache Hive connection (英語のみ)

 Configuring SSO for the Cloudera Impala connector (英語のみ)

 Create a Cloudera Impala connection (英語のみ)