メイン コンテンツをスキップする

ストーリーを用いた作業

このセクションでは、ストーリーを用いて作業する方法について説明します。例えば、ストーリーの作成、複製、設定変更の方法について説明します。

ストーリーの新規作成

次の手順を実行します。

  1. アプリ概要またはシート表示で Story Mode をクリックしてストーリーを表示します。

  2. Create new あるいは [ストーリーの新規作成] をクリックします。

    [新しいストーリー] というタイトルの新しいストーリーが作成されます。

  3. ストーリーにわかりやすいタイトルを付け、必要に応じて説明も加えます。
  4. テキスト エリアの外側をクリックして、タイトルと説明を保存します。

これで新しいストーリーが保存されました。

ストーリーの編集

アプリにデータをロードしたら、データを分析して新たなインサイトを得ます。この新たなインサイトは、新しいストーリーとして、あるいは既存のストーリーの更新版として提示することができます。詳しくは「データ マネージャーを使用したデータのロードと管理」と「スクリプトを使用したデータのロードと変換」を参照してください。

スナップショットのステートと選択内容は、リロードされたデータでは更新されません。スナップショットが取得された時点で存在したデータのみが反映されます。 ただし、ライブ データ シートは静的ではないため、データのリロードにより影響を受けることになります。

スライド上のビジュアライゼーションのスナップショットは、アプリのビジュアライゼーションのソースを開くことで、置き換えることができます。ビジュアライゼーションのデータが更新されます。ストーリーに使用する新しいスナップショットを取得できます。

スナップショットの取得では、注釈を作成することができます。注釈はストーリーを構築する際に、スナップショット ライブラリ内でスナップショットを見分けやすくする効果があります。ストーリー再生中、注釈は表示されません。

ヒント: 元のストーリーを残したい場合は、編集を始める前に複製を作成しておきます。
ヒント: Qlik Senseとは別にストーリーを提示したい場合は、ダウンロードできます。

ストーリーのタイトルと説明文の変更

ストーリーのタイトルと説明は、いつでも変更できます。

次の点に注意してください。

  • ストーリーの名前または説明を変更するには、アプリを個人クラウドまたはグループのワークスペース内に配置する必要があります。

次の手順を実行します。

  1. アプリ概要で、Story Mode [ストーリー] をクリックします。
  2. 以下のいずれかを行います。
    • グリッド ビュー Grid View の場合は、ストーリー タイトルを選択し、Edit をクリックします。
    • リスト ビュー List view の場合は、Edit をクリックします。
  3. [タイトル] と [説明] を編集します。
  4. テキスト エリアの外側をクリックします。

変更内容を保存します。

ヒント: ストーリーのタイトルと説明は、右上にあるストーリー ナビゲーターでも変更できます。

ストーリーのサムネイルの変更

アプリ概要およびストーリー ナビゲーターでストーリーを見分けやすくするために、ストーリーの既定のサムネイルを別のサムネイルに変えることができます。サムネイルには、既定の画像のうちの 1 つを使用することも、独自の画像を使用することもできます。

次の手順を実行します。

  1. アプリ概要で、Story Mode [ストーリー] をクリックします。
  2. 以下のいずれかを行います。
    • グリッド ビュー Grid View の場合は、ストーリー タイトルを選択し、Edit をクリックします。
    • リスト ビュー List view の場合は、Edit をクリックします。
  3. Click Image on the default thumbnail.

    [メディア ライブラリ] が開きます。

  4. メディア ライブラリ内の [アプリ内] や [デフォルト] といったフォルダーをクリックします。

  5. ストーリーのサムネイルとして使用する画像を選択し、[挿入] をクリックします。
  6. 編集を中止するには、Checkmark をクリックします。

選択した画像がストーリーのサムネイルとして使用され、ストーリー ナビゲーターとアプリ概要に表示されます。

ヒント: ストーリーのサムネイルは、右上にあるストーリー ナビゲーターでも変更できます。
ヒント: サムネイルの最適な縦横比は 8:5 (幅:高さ) です。

次の形式がサポートされています。pngjpgjpeg、およびgif

Qlik Sense の場合: メディア ライブラリの [アプリ内] フォルダーに画像をアップロードできます。画像をデフォルト フォルダにアップロードするには、Qlik Management Console を使用する必要があります。

Qlik Sense Desktop の場合: コンピューター上の次のフォルダーに画像を配置できますC:\Users\<user>\Documents\Qlik\Sense\Content\Default。メディア ライブラリの [default] (既定) フォルダーから画像を使用できます。アプリをインストール間で移動すると、アプリで使用する画像はアプリと一緒に qvf ファイルに保存されます。新しい場所でアプリを開くと、画像はアプリのメディア ライブラリの [アプリ内] フォルダーにあります。

注: サムネイルを追加または変更できるのは、未公開ストーリーのみです。

ストーリーの複製

ストーリーは、アプリに属するものでも自分で作成したものでも、すべて複製できます。ストーリーの複製は、コンテンツを再利用して時間を節約したり、細部を変更してニーズに合ったストーリーを作成するために行います。

複製されたストーリーには、元のストーリーと同じコンテンツが含まれ、同一のスナップショットにリンクされます。ただし、元のストーリーが更新されても、複製されたストーリーには反映されません。複製されたストーリーは、アプリ概要とストーリー ナビゲーターの [マイ ストーリー] に表示されます。

アプリ概要からのストーリーの複製

次の手順を実行します。

  1. 左側にある Story Mode をクリックして、アプリのストーリーを表示します。

  2. ストーリーを右クリックします。

    ショートカット メニューが開きます。

  3. [複製] をクリックします。

新しいストーリーが作成されます。[マイ ストーリー] に配置されます。

ヒント: ストーリーテリング ビューでストーリー ナビゲーター Story Mode を使用してストーリーを複製することもできます。

ストーリーの削除

次の手順を実行します。

  1. アプリ概要で Story Mode をクリックしてストーリーを表示します。

  2. 削除したいストーリーを右クリックします。

    ショートカット メニューが開きます。

  3. [削除] をクリックします。

  4. ストーリー削除の確認メッセージが表示されたら、[削除] をクリックします。

これでアプリからストーリーが削除されます。

ヒント: ストーリーは、ストーリー ナビゲーター Story Mode で削除することも可能です。