メイン コンテンツをスキップする

Fractile - スクリプト関数

Fractile() は、group by 句で定義されたレコードの数式内の集計データの包括的フラクタイル (分位値) に対応する値を算出します。

ヒント: 排他的フラクタイルの計算には、FractileExc - スクリプト関数 を使用します。

Syntax:  

Fractile(expr, fraction)

Return data type: 数値

この機能は、次で定義されたランクに対応する値を返します。ランク = 少数部 * (N-1) + 1 ここで Nexpr の数値。ランク が整数以外の場合は、最も近い 2 つの値の間で補間します。

Arguments:  

引数 説明
expr フラクタイルを計算する際には、数式またはデータを含んだ項目を使用します。
fraction 計算対象となる分位数 (変位値) に相当する値 (0~1 の範囲内)。

Examples and results:  

アプリにスクリプト例を追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をアプリのシートに追加して結果を表示します。

結果

Table1:

crosstable LOAD recno() as ID, * inline [

Observation|Comparison

35|2

40|27

12|38

15|31

21|1

14|19

46|1

10|34

28|3

48|1

16|2

30|3

32|2

48|1

31|2

22|1

12|3

39|29

19|37

25|2 ] (delimiter is '|');

 

Fractile1:

LOAD Type,

Fractile(Value,0.75) as MyFractile Resident Table1 Group By Type;

 

Type 軸および MyFractile 軸を持つテーブルでは、このデータ ロード スクリプトの Fractile() 計算の結果は、次のようになります。

Type MyFractile

Comparison 27.5

Observation 36