メイン コンテンツをスキップする

クラウド ハブへの公開

このページ上

クラウド ハブへの公開

Qlik Sense Enterprise ハブへのアクセス権を持たないユーザーがアプリを使用できるようにする場合は、アプリをクラウド ハブに公開できます。

マルチクラウドが有効化された Qlik Sense 展開で、Qlik Sense 管理者は QMC 内に配布ポリシーを作成します。次に、Qlik Sense 管理者はアプリのストリームを作成します。アプリのプロパティが適用された配布ポリシーでアプリを公開または移動すると、アプリは Qlik Sense によりクラウド ハブにコピーされます。クラウド ハブで、アプリはステージされます。その後テナント管理者は、クラウド ハブの管理スペース内で段階アプリを有効にします。

段階アプリ

cloud editions of Qlik Sense では、スペース外の所有者がいないアプリを段階アプリと呼びます。アプリが Qlik Sense Enterprise on Windows からクラウド ハブに公開されると、アプリには所有者またはスペースがなくなります。テナント管理者は管理コンソールから、アプリを管理スペースに割り当てられます。

管理コンソール内における段階アプリの管理の詳細については、「アプリの管理」を参照してください。

タグ

タグは、クラウド ハブ内でアプリをグループ化する手段です。

該当する権限を持つアプリ開発者は、タグを付けてアプリを公開できます。タグは、展開に応じて複数のクラウド ハブ内に配置できます。タグ付きアプリは、ストリーム内のアプリが更新されると必ず自動的に更新されます。

適切なアクセス権を持っている消費者は、クラウド ハブ内でタグ別にアプリを表示できます。アプリの消費者はアプリを操作できます。例えば、データ内で選択を行うことができます。ただし、それ以上アプリを更新または開発することはできません。例えば、シート、チャート、およびストーリーを作成することはできません。アプリの消費者は自身が行った選択について、チャートへのリンクをアプリ内で共有できます。

注:

Qlik Sense 管理者は、ストリームからタグへの配布に必要な、アプリのプロパティをさらに設定できます。

ストリームとタグ

Qlik Sense 管理者は配布ポリシーを作成して、アプリのプロパティが 1 つ以上のタグ付きでクラウド ハブに追加された、公開済みのアプリを配布できます。

アプリを Qlik Sense Enterprise 内のストリームに公開すると、配布ポリシーによって、タグ付きのアプリを受け取るターゲット クラウド ハブが指定されます。Qlik Sense Enterprise ハブでの公開時に、宛先のクラウド ハブとタグを制御するアプリのプロパティを設定できます。アプリのプロパティを公開または変更すると必ず、Qlik Sense Enterprise でアプリがストリームからクラウド ハブにタグ付きでコピーされます。各配布の宛先は、Qlik Sense 管理者が管理する配布ポリシーによって制御されます。

アプリは 1 つのストリームにしか公開できませんが、複数のタグ付きで複数のクラウド ハブに公開できます。

ヒント:

管理者はストリーム ポリシーの最後の同期の時間を確認できます。

組織によっては、単にアプリを削除するのではなく、配布ポリシーが設定されていないアーカイブ ストリームにアプリを移動する方が適している場合があります。

タグ付きのアプリは、その他の Qlik Sense Enterprise ストリーム内のアプリのように、Qlik Sense Enterprise ハブ内で変更できます。Qlik Sense Enterprise ハブでは次の操作が可能です。

  • ストリーム内のアプリを複製する。
  • ストリーム内のアプリを再公開する。
  • アプリのカスタム プロパティを管理する。
  • [Published (公開済み)] のアプリを開きます。

Qlik Sense Enterprise に開いたアプリでは、次の操作が可能です。

  • 個人用のシートおよびストーリーを公開する、および公開を取り消す。
  • 公開シートおよびストーリーをアプリに追加する、またはアプリから削除する。