メイン コンテンツをスキップする

全体的な分析から項目を非表示にする

このページ上

全体的な分析から項目を非表示にする

シート表示またはInsightsでビジュアライゼーションを構築するときに、使用したくないデータ項目を非表示にすることができます。たとえば、別の項目の計算にのみ使用される項目がある場合があります。これらの項目をデータ マネージャーで非表示にすると、シートのアセット パネルやInsightsからは使用できなくなりますが、データ マネージャーデータ ロード エディターでは引き続き使用できます。これを使用して、関連情報のみを含め、現在の分析や洞察には冗長または不要な情報を削除し、読みやすく分析しやすくすることができます。

項目を非表示にするときに、計算での関連付けや使用法などの、項目に含まれる既存のすべての関係は維持されます。マスター アイテムや既存のチャートで項目を現在使用している場合は、引き続きその場所で使用できますが、新しいマスター アイテムやビジュアライゼーションでは、再度表示しない限り使用できなくなります。

注:

非表示になっているすべての項目をデータ マネージャーで表示するには、データ ロード エディターに移動して自動生成セクションを開きます。非表示になっているすべての項目が TAG FIELD <field name> でリストされます。 WITH '$hidden';

分析から項目を非表示にする

次の手順を実行します。

  1. 項目の見出しの上にある Ô をクリックします。

  2. [Analysis で非表示にする] をクリックします。

この項目は、シート表示およびInsightsで非表示になりました。非表示の項目では、項目の見出しの上に が追加されます。

非表示の項目を表示する

次の手順を実行します。

  1. 項目の見出しの上にある Ô または をクリックします。
  2. [Analysis で表示] をクリックしてください。

シート表示およびInsightsで、この項目が使用可能になりました。項目の見出しの上にある は削除されます。