QlikWorld 2020 グローバル会議データを最大限活用する方法を探索するために参加 今すぐ行動するすぐに登録して保存

Qlik Sense 3.1 SR2 以降のアンインストール後の Qlik Sense June 2017 以降へのアップグレード

Qlik Sense をアンインストールしたけれども PostgreSQL データベースは保持していて、Qlik Sense June 2017 以降にアップグレードしたいと考えている場合、データベース ダンプ ファイルを作成し、PostgreSQL データベースを手動で復元する必要があります。カスタム パラメーターも手動で構成しなおす必要があります。

次の手順を実行します。

  1. PostgreSQL フォルダーを %ProgramData%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL から %ProgramData% フォルダー以外の一時保存場所にコピーします。
  2. PostgreSQL Web サイトから PostgreSQL バージョン 9.6 をダウンロードし、インストールします。詳しくは、「PostgreSQL のインストールと構成」を参照してください。
  3. Microsoft Windows にコマンド プロンプトを開きます。
    警告: pg_ctl.exe コマンドは管理者として実行しないでください。
  4. PostgreSQL リポジトリ データベースがインストールされている場所 (%ProgramFiles%\PostgreSQL\<データベース バージョン>\bin) に移動し、次のコマンドを実行します。
    1. pg_ctl.exe start -w -D "C:\SenseDB\9.6"
    2. set PGUSER=postgres
    3. set PGPASSWORD=password
    4. pg_dumpall.exe > [<ダンプ ファイルのパス>]
    5. pg_ctl.exe stop -w -D "C:\SenseDB\9.6"
  5. [コマンド プロンプト] のウィンドウで、Qlik_Sense_setup.exe ファイルを含むフォルダに移動します。

  6. 次のコマンドを実行し、Qlik Sense をインストールして Qlik Sense Repository Database を復元します。
    Qlik_Sense_setup.exe databasedumpfile=<ダンプ ファイルへのパス>

    警告: ダンプ ファイルのパスは絶対パスとして入力する必要があります。相対パスを使用すると、インストールが正しく行われません。
  7. 設定に従ってインストールを完了させます。詳細については、「Qlik Sense のインストール」を参照してください。