終了コード

終了コードは、サイレント モード操作を使用する場合に特に便利です。終了コードは、次のコマンドを使用することにより、コマンド プロンプト ウィンドウで表示できます。

Echo %errorlevel%

次の表に、終了コードの全一覧を示します。

コード 説明
0 成功
-1 一般的な致命的エラー
-2 コマンド ライン解析エラー
-3 未実装エラー
-4 ダウングレード
-5 不正な形式のバンドル XML
-6 インストール条件が満たされていない
-7 不明なアップグレード シナリオ
-8 保留中の再起動を最初に適用する必要あり
-9 インストールされたベースラインなしでのパッチ実行
-10 無許可のセットアップ プロセス実行
-11 サポートされていないマイナー アップグレード エラー
-12 無効なポリシー
-13 ユーザー検証に失敗
-14 データベース スーパーユーザーのパスワード検証エラー
-15 未サポート エラー
-16 証明書からのホスト名取得エラー
-17 一貫性のないアップグレード
-18 一般的なサイレント ワークフロー エラー
-19 サポートされていない OS ビット
-20 古すぎる OS
-21 サポートされていない OS タイプ
-22 パッチの取り替え
-23 一般的な MSI エラー
-24 無効化されたサービスあり
-1335 CAB 破損
-1601 ディスク空き容量
-1602 ユーザー終了
-1923 サービスをインストールできない
-7777 不明なダーク プロセス例外